ここから本文です

自転車大国オランダからやってきたスマホみたいな電動アシスト自転車

6/2(金) 6:40配信

@DIME

 VanMoof(バンムーフ)という自転車メーカーをご存知だろうか? オランダで8年前に創業した新興メーカーは、太い直線フレームを組み合わせた独特のスタイルで世界中の人気を勝ち取った。

【写真】自転車大国オランダからやってきたスマホみたいな電動アシスト自転車

 そして、2017年5月。VanMoofは新たなビークルを生み出した。まるでスマホみたいな自転車、その名は「VanMoof Electrified X(以下、エレクトリファイドX)」だ。

■スマホみたい01 携帯電話回線、Bluetoothを駆使!

 キーレス&バイクハンターズはエレクトリファイドX最大の特徴といっていいだろう。トップチューブに埋め込まれたパネルに手をかざすと、Bluetoothによりスマホと連携し、本人を確認する。また、どこに駐輪したかもスマホのアプリで確認できるすぐれもの。

 それから、バイクハンターズはもし盗難に遭った場合、アプリを使ってVanMoof社に連絡すると、サーバーを介して本体のスイッチをオフにするそう。そして位置情報を検索してエレクトリファイドXを探し出す。エレクトリファイドXにはボーダフォンのSIMカードが入っており、3G回線で検索するのだ。普段はトラッキングがオフになっているので不要な電池の消費は避けられる。

 ただし、GPSを使ったサーチではないので捜索は少々アバウト。なので、大体の位置を特定したら、その先はBluetooth経由でSNSなどを利用して捜索するそうだ。これまた、今どきな感じ。もはや「走るスマホ」と呼んで間違いなさそうだ。

 ちなみに、バイクハンターズで探しても愛車が2週間以内に見つからなかった場合は、購入から1年以内なら同等品を無償提供するという太っ腹。2年目以降は、料金は未定だけれど有料で継続になるそう。

■スマホみたい02 バッテリーやモーターはビルトインで見た目はすっきりスマート

 VanMoofは太いフレームが特徴だが、これが幸いしてバッテリーやフロント&リアライト、無線装置などをフレーム内に収納することができた。

 バッテリーはフル充電で約6時間。フレームからバッテリーを外せないので、専用コネクターに電源プラグを差し込んでチャージする。1回の充電で走れる距離は約50-120km。高性能モーターが250Wの電力で最大24km/hまでアシストしてくれる。

 フロントホイールを駆動するのだけれど、黒いハブの中にコンパクトに収めたから、電動アシストと見た目ではわかりにくいのもスマート。アシストは4段階になっていて、いざパワーが必要! って時にはハンドル左手に付くブーストボタンを押すと「パワーブースト」されて坂道もラクラク。

 実際に試乗してみたところ、太いフレームやバッテリー、モーターなどを搭載しているので漕ぎ出しは渋いんじゃないかと思っていたが、ペダルを実に軽やかに漕ぐことができた。また、アシストも力強く、ブーストボタンを押せば、ご機嫌な快適走行を可能にしてくれた。

■スマホみたい03 東京での使用をイメージして、コンパクト設計

 オランダ人は体格の良い人が多く、今回来日した創立者でCEOのティーズ・カーリエ氏は2mの高身長。でも、このエレクトリファイドXはコンパクトな設計となっている。

 というのもこのモデル、東京をイメージして作られたんだそうで、カーリエCEOは「コンパクトネスとモビリティは東京で最も大切なもの」と考えているからだそう。おかげで日本人にもなじみよいサイズとなっていて、試乗しても乗りやすさが伝わってきた。

 重量も思っていたよりは軽くて、運ぶのに苦労しない。これまた、コンパクト設計の恩恵であろう。

 2017年下旬から日本で先行発売され、価格は税込で37万円を予定するが、2017年5月23日よりオフィシャルサイトにて日本先行プレオーダーを行う。500台限定で25万円(税込)と12万円もディスカウントするという! 実に太っ腹なVanMoofである。

 首都アムステルダムでは63%の人が毎日自転車に乗るという、自転車大国オランダからやってきたユニークな電動アシスト自転車。エレクトリックと自転車が融合して、まるでスマホのように進化したけれど、爽快な乗り心地はやはり自転車そのもの。個性的でユニークな電動アシスト自転車が欲しいなら、エレクトリファイドXはそんなニーズにピッタリな1台になるだろう。

文/中馬幹弘(ちゅうま・みきひろ)

@DIME編集部

最終更新:6/2(金) 6:40
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年9月号
7月15日発売

定価750円

目利きが選んでテストしたスゴ技 日用品
施設内でポケモンスタンプをゲットしよう
大人の夏の過ごし方徹底指南!
都会の夜はビアテラスで