ここから本文です

お目立ちワニと鹿の子地で普通の紺ブレとは一線を画す!

6/2(金) 6:10配信

MEN’S+

ラコステの「鹿の子ジャケット」 ¥59,000

 友達以上恋人未満というのは素敵な関係ですが(笑)、それ以上に魅惑的な関係性を見せてくれているのが、この“ポロシャツ以上ブレザー未満”な楽ジャケット。ブレザー未満といっても、クラス感のあるパターンや丁寧なアイロンワーク、精緻なステッチングなど、作りはいたって本格的なテーラードのそれ。
 
 では、どこが未満たるゆえんかというと、秘密は素材にあります。なんとポロシャツの始祖として有名なラコステの代名詞ともいえる、鹿の子地が採用されているんです。つまり、それはれっきとしたニットジャケットの一種ということ。だから、当然着心地は普通のブレザーより断然ソフト。おまけに、身生地と同色のワニロゴを胸ポケに鎮座させることで、クレスト入りブレザーを思わせる洒落感も漂わせます。
 
 ポロシャツ以上にエレガントだけど、普通の紺ブレよりユニークかつ着心地も◎。“楽”と“品”をあわせもつ紺ブレは重宝しますよ。

大人の夏は白で差が出る

ラコステにしか表現できないクラス感とヌケ感の両立

 威厳に満ちた紺ブレを、鹿の子生地&刺繍ワニロゴでモダンに昇華。肌触りがよくて、これからの時期もノンストレスで着まわせるうえ、希少性の高いワニロゴが無言で大人の洒落感を代弁してくれます。



ジャケット5万9000円(ラコステ) ●お問い合わせ先/ラコステお客様センター TEL 0120・37・0202  ポロシャツ2万2000円(ソブリンハウス) ●お問い合わせ先/ザ ソブリンハウス TEL 03・6212・2150  Tシャツ6000円(ユナイテッドアローズ) ●お問い合わせ先/ユナイテッドアローズ 原宿本店 メンズ館 TEL 03・3479・8180  パンツ2万9000円(PT01)、チーフ9000円(アリアンナ) ●お問い合わせ先/以上バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター TEL 0120・137・007

楽ちん素材の元祖ともいえるコットン鹿の子生地を採用

創業者ルネ・ラコステが。鹿の子地ポロシャツを開発したのは1933年のこと。以来、80年以上にわたってスポーツ&ファッションシーンで愛される伝統的な鹿の子地は、ソフトで通気性に富む機能素材です。

最終更新:6/2(金) 6:10
MEN’S+

記事提供社からのご案内(外部サイト)

メンズクラブ

ハースト婦人画報社

2014年12月号
2014年10月24日発売

特別定価:810円

『メンズクラブ』は35歳中心の男性に向け、
リアルに使えて本当に似合う情報を
男性文化の薀蓄をもって提案する
使えるラグジュアリー読本です!