ここから本文です

芹那、サービスショット披露も「自己顕示欲解放中のOL」の声 “憐れなアラサー”路線で女優業に活路?

6/2(金) 12:01配信

おたぽる

 先月26日、タレントの芹那が自身のインスタグラムに、半身浴をしている際に撮った自撮り画像をアップしたのだが、ネット上では、「芸能人オーラが感じられない」「自己顕示欲解放中のOLって感じ」などと揶揄する声が相次いだ。

「インスタにアップされた画像は、バスタブの中でのバストアップの自撮りや湯に浸かる脚を撮ったものなど、ファンにとってはかなりのサービスショットでした。ただ、芹那といえば、2013年に小池徹平と、その翌年にジャニーズ事務所の人気グループ・関ジャニ∞の大倉忠義との熱愛疑惑が報じられたことで、女性を中心にアンチが急増。そのため、一時期は引っ張りダコ状態だったバラエティでの仕事もいつしか途絶え、最近では『アイドル時代のキラキラ感が無くなった』『ほぼ一般人レベルのオーラ』などと指摘されることも少なくないようです」(芸能関係者)

 ただ、オーラがなくなったことが必ずしもマイナスになるとは限らない。4月に公演された舞台『野良女』では、彼氏からのDVを受け入れる幸薄いアラサーの生命保険のセールスレディー役を見事に演じ、女優業での躍進を期待する声が寄せられている。

「同舞台は、結婚に行き遅れた5人のアラサー女性が恋愛、人生にもがき苦しむ姿を描いています。その中で芹那は、彼氏にDVを受けながらも幸せそうな様子を見せ、『傷とかアザがあると、生保の勧誘にいいんだよね。お客さんが憐れんで断りにくくなるから』と歪んだ発言をするなど、幸薄い役を演じています。劇中では眼帯や包帯を巻いた痛々しい姿も見せているのですが、『芹那のオーラのない感じがリアリティーをもたらしている』と称賛され、『憐れなアラサー路線で真価を発揮していきそう』と今後の活躍に注目が集まっています」(同)

 芹那と同じく大倉との熱愛疑惑が報じられた女優の吉高由里子は、今年1月期に放送されたドラマ『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)で恋に不器用なアラサー女子役を演じ話題になっていた。芹那も負けじと地上波ドラマでの活躍なるか。

最終更新:6/2(金) 12:01
おたぽる