ここから本文です

女性の梅雨ファッション事情……ビニ傘と正統派傘、愛用者が多いのはどっち!?

6/2(金) 17:03配信

Suits-woman.jp

6月に入ると、気になってくるのが「梅雨入り」。関東甲信越の2016年梅雨入りは6月5日で、平年は6月8日となっています(気象庁発表)。雨が降ると何かと憂鬱になりがちですが、皆さん梅雨はやはり嫌いなのでしょうか?

「マクロミル」の調査結果によると、「梅雨」について「とても好き」「まあまあ好き」と答えた人はわずか7.6%。一方「あまり好きではない」「まったく好きではない」と答えた人は91.5%だそうです。この時期に雨が降らないと米などの農作物も育たないし、水不足になるなど困ることも多いのですが……それでもやはり皆さん、梅雨は嫌いみたいですね。

晴天時でも“部屋干し&乾燥機派”は案外多い!

梅雨時期になると困ることはたくさんありますが、真っ先に思いつくのは「洗濯ものが外干しできない」ことではないでしょうか?

同調査では年代別に「日ごろの洗濯物の乾燥方法」を調査していますが、20代で「外干し」派は全体の64.4%で、30代は65.7%。続いて「部屋干し」は20代25.3%で、30代23.1%。さらに「乾燥機」が20代9.3%で30代9.2%という結果でした。

やはり一番多いのは「外干し」ですが、案外日ごろから「部屋干し」と「乾燥機」を愛用している人も多いことが分かります。仕事を持つ独身女性の場合、帰宅時間の関係でそもそも外干ししないという人が多いのかもしれません。

ちなみに同調査では「梅雨時期(雨天時)」の洗濯物の乾燥方法についても尋ねていますが、「外干し」は20代16.0%で、30代15.5%とやはり激減しています。そのかわりに多くなるのは「部屋干し」。20代が57.7%で、30代も63.3%がこの方法です。

一方「乾燥機」派は20代だと22.7%で、30代は19.1%。20代のほうが乾燥機をよく使う傾向にあるようです。梅雨時期の「部屋干し」はカビなどの“ニオイ”が気になりますが、その点乾燥機はニオイも気にならないし、バスタオルなどがフワフワになるのが利点。ただし設備投資はもちろん、乾燥にかかる光熱費も当然余分にかかります。

1/3ページ

最終更新:6/2(金) 17:03
Suits-woman.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Suits WOMAN

小学館

2016年 秋号
10月5日発売

590円(税込)

働く30代のためのリアルライフマガジン。
マネー、美容、健康、デジタルなど
きちんと地に足の着いた“堅実女子”の
不安や悩みにきめ細かくお応えします。

Yahoo!ニュースからのお知らせ