ここから本文です

【MLB】苦しむマー君に、ヤ軍指揮官「スランプなだけ。MRIの必要はなし」

6/2(金) 12:54配信

ベースボールチャンネル

 ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手が、31日(日本時間1日)のボルティモア・オリオールズ戦に先発登板し、5回2/3を9安打、2四球、4三振、7失点と炎上し、今季5敗目(5勝)を記録。不安定な投球を続けている。この田中の状況にヤンキースのジラルディ監督が1日に『WFAN』の記者からの田中について質問に答えた。

田中のMLBでの成績一覧

 ジラルディ監督は、田中の不調は怪我などといった身体的な問題ではないと強調する。「私はよく『なんで彼をMRIで検査しないんだ?』と聞かれます。しかし、いつも私は、『本当に?誰かがスランプに陥っているだけでMRIの検査はさせないだろう』と答えています。すべてのスランプに陥っている打者をMRIに入れないでしょう。彼はただもがいているだけなのに」と答え、検査の必要を完全に否定した。

 また、田中のスランプを、昨年苦しんだアストロズのエースのカイケルと比較し、「彼は2年前にサイ・ヤング賞を獲得した。そして今年も良い投球をしている」とコメント。カイケルはサイ・ヤング種を獲得した年は20勝8敗の防御率2.48だったが、翌年は9勝12敗、防御率4.55の成績だった。

 田中の昨季は14勝4敗、防御率3.07の成績。今季は5勝5敗、防御率6.34と、カイケルと似通ったケースであるという。ちなみにカイケルは昨季の不調が嘘のように今季は絶好調。8勝0敗、防御率1.81という完璧な成績を残している。

 もがくヤンキースのエースの田中。シーズンが開幕してから2か月が経過したが、まだ時間は十分にある。スランプと戦いながら、再び素晴らしい投球を見せてくれる日をファンは待ち望んでいる。

ベースボールチャンネル編集部

Yahoo!ニュースからのお知らせ