ここから本文です

臼田あさ美が太賀とオダギリジョーの間で揺れる姿も 『南瓜とマヨネーズ』特報映像

6/2(金) 8:00配信

リアルサウンド

 11月11日に公開される臼田あさ美が主演を務める映画『南瓜とマヨネーズ』より、ティザービジュアルと特報映像が公開された。

『南瓜とマヨネーズ』特報映像

 本作は、魚喃キリコによる同名コミックを『乱暴と待機』『ローリング』の冨永昌敬監督が実写化したラブストーリー。同棲中の恋人・せいいちの夢を叶えるため、内緒でキャバクラで働き、生活を支えていたツチダが、今でも忘れられない昔の恋人・ハギオと偶然の再会を果たしたことによりふたつの恋に揺れる模様を描く。

 このたび公開された特報映像には、ドラムやギターなどの音楽にまつわるカットに続き、ツチダのモノローグととともに、水着のようなものを踏みつけシャワーを浴びるシーンから始まる。居心地は良いが「先の見えない“現在の恋人”」=せいいちは夢のために生活を支えてもらっている身でありながら楽天的な表情を浮かべ、「忘れられない“過去の恋人”」=ハギオは偶然の再会に心踊るツチダの気持ちを知りながらも、はっきりとしない態度ではぐらかし、ツチダの心をかき乱す。ふたつの恋の狭間で揺れるツチダが「自分が何をしているのかわからない」と葛藤し、目から涙をこぼす姿を収録。

 一方のティザービジュアルには、「女は過去の恋をひきずらない、なんてウソ。」というキャッチコピーとともに、主人公ツチダ(臼田あさ美)が同棲中の恋人・せいいち(太賀)と仲睦まじく、幸せそうな表情を浮かべる写真が多く捉えられている。その中には、かつての恋人・ハギオ(オダギリジョー)とも親しげに接する意味深な写真も。

 なお写真は、写真集「明星」で第40回木村伊兵衛写真賞(2014年)を受賞した写真家・川島小鳥が担当。川島にとって撮影現場における全ての写真を撮り下ろしたのは今回が初の試みとのこと。

 また、公開劇場にて6月3日より配布予定のチラシは、このたび公開されたビジュアルのほか、異なるキャッチコピーと写真で構成された全部で6つのパターンが展開。別パターンには、ミュージシャン志望のせいいちのギターや歌詞ノートなど、物語のキーとなるモチーフや劇中の写真が多数散りばめられている。

リアルサウンド編集部