ここから本文です

石川佳純、準々はリオ金・丁寧! 48年ぶりメダルへ世界最強の難敵と激突

6/2(金) 19:11配信

THE ANSWER

15年世界選手権優勝、リオ五輪金メダル… 世界ランキング1位の女王に挑戦

 卓球の世界選手権(デュッセルドルフ)は2日、女子シングルス4回戦で中国の丁寧が世界ランキング21位のリー・ジエ(オランダ)に4-0のストレート勝ち。この後行われる準々決勝で、すでにベスト8進出を決めていた日本の石川佳純(全農)と対戦することが決まった。

【動画】「誰もこれは返せない」…ITTFが紹介した思わず笑ってしまう、ずっこけショット&寝そべりガッツポーズ

 自身初のベスト4進出を目指す石川にとって、難敵が立ちはだかる。

 大会連覇を目指す丁寧は、五輪、世界選手権、ワールドカップすべてのシングルスで優勝経験を持ち、世界ランキングでも1位に立つ“女王”。直接対決でも石川は大きく負け越しており、メダル獲得に向けて準々決勝が文字通り正念場となる。

 石川は混合ダブルスでも吉村真晴(名古屋ダイハツ)とのペアでベスト4に駒を進めており、2大会連続のメダル獲得が確定。明日3日に、方博(中国/ 9位)、ペトリサ・ソルヤ(ドイツ/20位)組と激突する。

ジ・アンサー編集部●文 text by The Answer

最終更新:6/2(金) 19:11
THE ANSWER

記事提供社からのご案内(外部サイト)

THE ANSWER

株式会社Creative2

アスリートを目指す子供たちや競技者の育成とスポーツの普及をテーマとした総合スポーツニュースサイトです。