ここから本文です

【2日のセ・パ交流戦結果その2】D小笠原今季初勝利、Mダフィー延長決勝打、オリックス劇的な逆転勝利

6/2(金) 22:52配信

ベースボールチャンネル

〇中日6-3楽天●(ナゴヤドーム)

 投打のかみ合った中日が、勝率7割超えを誇る楽天を降し連勝を飾った。

独立リーグ唯一の女性投手「ナックル姫」。25歳の素顔

 中日先発・小笠原、楽天先発・古川で始まった試合は投手戦の様相を呈していたが、5回に試合が動いた。

 5回、中日は平田の適時二塁打で1点を先制。7回には荒木に通算1999安打となる適時打が飛び出し2点を追加。そして、8回にはゲレーロに5試合連続となる本塁打などでこの回ダメ押しの3点を奪った。

 投げては、先発・小笠原が5回無失点と試合を作った。9回には5番手・福谷が島内に本塁打を浴び3失点を喫したが、最後は田島が試合を締めた。

 敗れた楽天は先発・古川が5回1失点と好投したが、後続の投手陣が振るわず連勝は5で止まった。

〇オリックス6-5巨人●(東京ドーム)

 オリックスが劇的な逆転勝利で連勝を5に伸ばした。

 4回、オリックスは若月の犠飛で1点を先制したが、7回に先発・西が村田に2点本塁打を浴び逆転を許すと、その後も二死2・3塁のピンチを作り降板となった。そして、3番手・ヘルメンが坂本に2点適時打を浴び、4点目を失ってしまった。

 その後、1-4で試合は9回まで進んだが、土壇場でオリックス打線は巨人5番手・マシソンを攻略した。9回、オリックスは二死から代打・ロメロが特大のソロ本塁打を放ち1点を返す。そして、続く西野が安打で出塁すると、安達・小谷野に連続適時二塁打が飛び出し、同点に追いついた。

 そして、延長11回には安達が巨人6番手・今村から右翼スタンドにソロ本塁打を放ち遂に勝ち越しに成功。その後も小谷野の安打、中島の二塁打、T-岡田の敬遠四球で一死満塁のチャンスを作ると、代わった7番手・西村から武田が適時打を放ちリードを2点に広げた。

 11回裏は6番手・近藤が長野にソロ本塁打を浴び1点差に迫られ、二死2・3塁と一打サヨナラのピンチを作ったが、最後は亀井を右飛に打ち取り試合終了。劇的な逆転勝利でオリックスは交流戦負けなしの4連勝を飾った。

 敗れた巨人はマシソンが二死から3失点と大誤算、昇格のクルーズも5打数無安打と振るわず、守護神・カミネロを降格させるというこの日の選手入れ替えが完全に裏目に出てしまい泥沼の8連敗を喫した。

〇ロッテ5-4広島●(マツダスタジアム)

 ロッテが助っ人の一打で延長12回にわたる総力戦を制した。

 初回、ロッテは広島先発・九里の立ち上がりを攻め4得点。一方の広島は5回にエルドレッド、田中の本塁打で4点を奪い同点に追いついた。

 広島先発・九里は5回4失点、ロッテ先発・涌井は7回4失点と共に4点を失ったが、その後は共に救援陣が粘投。

 そして、延長12回に試合が動いた。12回表、広島7番手・ブレイシアから三木が安打で出塁、田村が犠打で送り二死2塁のチャンスを作ると、代打・ダフィーが値千金の適時二塁打を放ち遂に勝ち越しに成功した。

 12回裏はロッテ6番手・益田が登板。益田は元守護神の意地を見せ、三者凡退で試合を締めた。

 敗れた広島は投手陣が粘りを見せていたが、最後はブレイシアが力尽き連敗となった。

ベースボールチャンネル編集部