ここから本文です

本田の惜別FK弾、ミラン月間ベストゴールに選出! 本人も驚き「このゴールがなるとは…」

6/2(金) 20:57配信

Football ZONE web

本拠地最終戦のボローニャ戦、途中出場の本田が23メートルのFKで今季初ゴール

 ACミランの日本代表FW本田圭佑が決めた鮮やかな直接FKが、ミランの月間ベストゴールに選出された。本田はミランの公式ツイッターに登場し、選出にあたっての喜びと退団へ惜別のメッセ―ジを送っている。

【動画】本田がミラン本拠地最終戦で有終FK弾! 462日ぶりに歓喜爆発

 本田は5月21日の本拠地最終戦となったボローニャ戦で途中出場。後半28分にゴール正面の23メートルからフリーキックを左足で直接狙うと、鋭く曲がって落ちる弾道は相手GKの手を弾くようにしてサイドネットに吸い込まれ、今季初ゴールを決めていた。これがミランの月間ベストゴールとなり、本田は驚きと喜びを語っている。

「このゴールが5月のベストゴールになるとは思っていなかったけど、とても喜ばしいですね」

 本田はこのボローニャ戦が本拠地サンシーロでのラストゲームだった。自身で今季限りでの退団を明言し、すでにミランでの全日程は終了している。それだけに、サポーターへ向けての惜別の思いもメッセージに込めた。

「これが僕にとっての(ミランでホームの)ラストゲームだったわけですけど、ご存じのように世界はとても広いというわけではない。何を言いたいかというと、僕が他の国に行ったとしても、将来また再会できるでしょう。フォルツァ(頑張れ)、ミラン」

 本田はこのボローニャ戦の翌週、本当のラストゲームとなった敵地カリアリ戦でキャプテンマークを巻いてフル出場し、3年半にわたるミランでのプレーを終えた。現地メディアから「パンキナーロ(ベンチ要員)」や「マーケティングマン」という厳しいニックネームを付けられ、サポーターからブーイングを受けたことも少なくなかった。

 それでも、最後の最後に見せた鮮やかなフリーキックとプロ精神は、ポジティブなイメージとしてミラニスタの心に残るのではないだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:6/2(金) 20:57
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新