ここから本文です

見た目が可愛い「さかな型」水中ドローン 60mまで潜水可能

6/2(金) 10:00配信

Forbes JAPAN

見た目が何ともキュートなさかな型の水中ドローンの「BIKI」がキックスターターで注目を集めている。開発したのは水中の自動化装置を手がけるメーカーのRoboseaだ。



BIKIが他の水中ドローンと一線を画しているのが、そのデザインだ。ボディにはヒレもついており、まるで魚のように水中を進む。速さは時速1マイル(約1.6キロ)で音はほとんどしない。浮力と水深は自動でコントロールされ、通信が途絶えた場合は内蔵GPSによって戻ってくる。障害物も巧みに回避して衝突を避けるという。

また、暗い水中の世界を照らすため、明るさ114ルーメンのLEDライトが2つ搭載されている。バッテリーの持続時間は90~120分だが、残量が20%以下になるとGPSと内部の計測ユニットを用いて、持ち主の元に戻ってくる。さらに、特筆すべきは水深196フィート(約60メートル)まで潜れるということだ。

内蔵カメラは150度のワイドレンズで、4K動画や16メガピクセルの写真も撮影可能。録画時間は90~120分とのこと。魚のようにヒレを盛んに動かすBIKIはボディも大きく揺れるため、動画がブレないか心配になるが、Roboseaは「独自のアルゴリズムによりバランスを保ち、水中でもクリアな画像を撮影できる」と説明している。

BIKIはWiFiの通信機能も備えているが、水中ではWiFiの電波は届きにくい。そのためBIKIを潜水させる際には、あらかじめルートを設定しておくか、同梱されている水中用リモコンの音波通信技術で水深33フィート(約10メートル)まではコントロールが可能だ。また、現状では水中からのストリーム中継には対応していない。

既に12万ドルをキックスターターで調達

BIKIはキックスターターで目標額の2万ドルを大幅に上回る12万ドルを調達しているが、この製品が必ず手元に届くとは限らない。キックスターターのプロダクトの多くにはギャンブル性が付きまとう。

Roboseaは既に予約を行った顧客には、今年9月には製品を届けるとしている。キックスターターでの初期販売価格は1台559ドル。正式に商品化された場合の価格は1024ドルを予定している。本当に実現するとしたら、非常に魅力的なプロダクトになるはずだ。

Geoffrey Morrison

最終更新:6/2(金) 10:00
Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN
2017年11月号

株式会社アトミックスメディア

2017年11月号
9月25日(月)発売

890円(税込)

成功のヒントはフォーブスにあり!
Forbes JAPAN 無料会員に登録すると、すべての記事が読み放題。MY PAGEで記事の保存や閲覧履歴チェック、限定プレゼントへの応募も可能に。

Yahoo!ニュースからのお知らせ