ここから本文です

中国SNS最新事情 微信(WeChat)オフィシャルアカウントは苦労の連続! - 李小牧(り・こまき) 元・中国人、現・日本人

6/2(金) 15:50配信

ニューズウィーク日本版

<時代は微博(ウェイボー、中国版ツイッター)から微信(ウィ―チャット、中国版LINE)へ。いまマーケティング業界で大注目の「微信オフィシャルアカウント」を開設してみた>

こんにちは、新宿案内人の李小牧です。

私は2012年に蔡成平氏との共著『中国を変えた最強メディア 微博(ウェイボー)の衝撃』(CCCメディアハウス)を出版した。微博とは「中国版ツイッター」として紹介されることも多い新浪社のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)だ。

拙著では新たなマーケティングツールとして強大な力を持ち、人民の「本音」を映し出すことで社会を揺るがす可能性を秘めたウェブサービスだとして紹介した。

我ながら時宜を得た素晴らしい本を書いたと自負しているが、中国とIT業界はとかく変化が早い。両者が合わさった中国IT業界となると、5年も経つと凄まじい地殻変動が起きている。そこで今回は「ポスト微博の衝撃」をお伝えしたい。

中国で大ブームを引き起こした微博だが、2013年をピークとして勢いが止まってしまった。大きな要因は2つある。

第一に、2012年末に誕生した習近平政権によるネット規制強化だ。2013年には何人もの「大V」(フォロワー10万人以上の認証アカウント、有力なインフルエンサーを指す)が摘発され、2014年には微博を通じて活動していた人権派弁護士や活動家が大量逮捕される事件が起きた。

一般ユーザーの利用には問題はないし、歯に衣着せぬ発言で知られる私のアカウントも潰されてはいない。とはいえ、無限の自由があるかのような錯覚が失われたのは事実だ。

【参考記事】辛口風刺画・中国的本音:スマホに潜む「悪魔」が中国人を脅かす
【参考記事】中国SNSのサクラはほぼ政府職員だった、その数4.8億件

第二の、そして最大の要因はテンセント社の「微信」(ウィーチャット、WeChat)の台頭だ。こちらは「中国版LINE」として紹介されることが多い。

微博=ツイッターは不特定多数が書き込みを閲覧することを前提としたオープンSNSであり、微信=LINEは一部の友人・知人だけが書き込みを見ることができるクローズドSNSである。こう分類すると、より多くの人に意見を伝えられるオープンSNSのほうが優れているかに思えるが、そうではない。

微博=ツイッターの世界は、多くのフォロワーを抱えたインフルエンサーや有名人にとっては都合のいい世界だが、一般ユーザーは声を上げても誰にも見てもらえない。「一個人が世界に声を伝えられる夢のサービス」だった微博=ツイッターは、現時点では有名人が発信しファンはそれを眺めるだけという状況になりつつある。

微信オフィシャルアカウントの「投げ銭」「お年玉」機能

微信=LINEは閉じられた世界であるが、それがゆえに一般ユーザーが発言しやすいという特徴がある。なにせ書き込みを読む人は基本的に友人・知人なのだから気軽に発信できるわけだ。企業や有名人が開設した微信オフィシャルアカウント(微信公众号)であっても、普段から友人との交流に使っているツールだけに、その企業や有名人に親近感を覚えやすく、有名人と一般ユーザーとの距離が縮まるという特長がある。

しかも、微信オフィシャルアカウントには日本のLINEにはない面白い機能がいくつも備わっている。その代表格が「打賞」(投げ銭)と「紅包」(お年玉)だ。



オフィシャルアカウントが発信した投稿や情報、記事が面白いと感じたら、一般ユーザーは「投げ銭」という形で、お金を出すことで賛意を表明することができる。逆にオフィシャルアカウント側からは、一般ユーザーに「お年玉」を贈ることが可能だ。

ほとんどの場合で10円、20円というごくごく小額のお金が動くだけなのだが、実際のお金をやりとりすることで有名人と一般ユーザーの距離は縮まっていく。商売気が強い中国人ならではのサービスと言えるかもしれない。

【参考記事】熊本地震に寄せられた中国人の温かい言葉(とお金)

私はありがたいことに中国でそれなりの知名度を持っている。微博で発信すれば大きな反響を呼び起こすことができるし、今でも大事なツールとして活用している(フォロワー数は現在、21万2000人強)。だがファンとより密接な関わりを持ちたい、そのためには微信オフィシャルアカウントを開設したいと考えるようになった。

ところが、この微信オフィシャルアカウントの開設がともかく面倒なのだ。この半年ほどはさらに規制が強化され、お取り潰しを受けた有力アカウントも存在するほどである。私は最近、中国・北京市に法人を設立したのだが、微信オフィシャルアカウント作りのためという意味もある。長い審査を経てこの4月にようやくアカウントが開通した。

規制は厳しく、投稿はすべて運営元にチェックされる

運営もひと苦労である。投稿(情報の発信)にいちいち運営元のチェックが入るのだ。私は主として過去に書いたコラムや出演したテレビ番組の映像を配信しているのだが、チェックにあたり最初に掲載された新聞社やテレビ局から運営元に転載許可の連絡をしてもらう必要がある。テレビ番組はともかく、コラムは私が著作権を持っているというのに不思議な話だ。

これほど規制が強化されたのはここ半年~1年の話だと聞く。習近平政権はインターネット、とりわけSNSが持つ可能性をはっきりと認識している。微博の規制強化は後手後手に回ったが、微信については問題が大きくなる前に対策を強化したということだろう。

風の噂では習近平総書記の娘、習明澤氏はネットに詳しく、父親にアドバイスしているというが......。

ともあれ、私の微信オフィシャルアカウントが開通して約1カ月、反応は上々だ。微博とは違うファンとの強い絆、インタラクティブな交流ができるようになった。

今、中国のニューメディア業界、マーケティング業界では微信の注目度は微博をはるかに上回っている。日本の観光庁や地方自治体はいまだに微博中心の宣伝で中国人観光客の誘致を図っており、日本企業も一部では微信の活用が始まっているとはいえ、まだまだ足取りは鈍い。

中国市場攻略には一刻も早く微信の活用を考えるべきだ。オフィシャルアカウント開設には高いハードルがあるとはいえ、乗り越えられない壁ではない。もしどうしてもヒントが欲しいというのならば......新宿歌舞伎町の湖南菜館にいる私を訪ねてきてほしい。

李小牧(り・こまき)

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

CCCメディアハウス

2017-8・15号
8/ 8発売

460円(税込)

他の日本のメディアにはない深い追求、
グローバルな視点。
「知とライフスタイル」のナビゲート雑誌。