ここから本文です

マラドーナの“神の手”ゴール見逃した副審、80歳で死去。生前「私の人生が台無しに」と発言も

6/2(金) 8:40配信

フットボールチャンネル

 元アルゼンチン代表のディエゴ・マラドーナ氏が1986年メキシコW杯の準々決勝イングランド戦で決めた“神の手”ゴールは現在でも言い伝えられる出来事だ。その試合で副審を務めていたブルガリア人のボグダン・ドチェフ氏が80歳で死去した。1日に英紙『スカイスポーツ』が報じている。

【動画】やはり危険な技だった! キャプ翼必殺シュート挑戦

 同紙は、その試合を紹介すると共に「マラドーナの悪名高い“神の手”ゴールでアルゼンチンにリードを与えた」というコメントを乗せた。世界的には伝説として語り継がれる試合だが、イングランドにとっては苦い思い出となっている。

 また、英メディア『BBC』はドチェフ氏の生前の言葉として「ディエゴ・マラドーナは私の人生を台無しにした。彼は素晴らしい男だが、小さな男でもある」とし「私はすぐに間違いに気づいたが、FIFA(国際サッカー連盟)はアシスタントレフェリーが主審と議論することを認めなかった」と、語っていたことを伝えている。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)