ここから本文です

マンCベテラン勢大量退団も…34歳MFだけは必要不可欠! 1年間の契約延長を発表

6/2(金) 11:00配信

フットボールチャンネル

 マンチェスター・シティが1日、契約満了の見通しだった34歳の元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレとの契約を更新したと発表。新しい契約期間は2018年6月までとなっている。

昨夏ユベントスからマンUに移籍したあのMFが1位に… 移籍金歴代トップ10

 ヤヤ・トゥーレは2007年から2010年までバルセロナに在籍し、チャンピオンズリーグ優勝やリーガエスパニョーラ優勝など複数のタイトル獲得に貢献。2010年7月にシティへ移籍し、2011/2012シーズンと2013/2014シーズンのプレミアリーグ優勝に貢献していた。

 タイトル獲得に貢献した功労者の一人だが、契約満了となる今月まで契約更新の発表はなく、このままチームを退団すると考えられていた。31歳のガエル・クリシー、31歳のヘスス・ナバス、35歳のウィリー・カバジェロ、34歳のバカリ・サニャ、合計4人のベテラン勢とは契約満了を発表しており、ヤヤ・トゥーレもそれに続く可能性はあったが、クラブ側はチームに必要不可欠な選手と考えているのだろう。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)