ここから本文です

プレミアの分配金が史上最高額に。最下位でも昨季優勝のレスターと同等

6/2(金) 18:06配信

フットボールチャンネル

 プレミアリーグが2016/17シーズンの分配金を発表した。今シーズンは20クラブに総額約24億ポンド(約3460億円)が分配されている。

昨夏ユベントスからマンUに移籍したあのMFが1位に… 移籍金歴代トップ10

 プレミアリーグでは、広告収入や国外放映権料を等分しており、差が生じるのは順位や放映試合数による分配金だ。

 優勝したチェルシーは1億5000万ポンド(約216億円)を超えて史上最高額の分配金を手にした。2位のトッテナムは、順位でチェルシーに次ぐ分配金を得ているが、放映試合数で3位マンチェスター・シティ、4位リバプールを下回っており、分配金では3位と4位に抜かれている。

 最下位で2部降格となったサンダーランドは約9300万ポンド(約134億円)。これは2015/16シーズンにプレミアリーグで優勝したレスター・シティとほぼ同額だ。

 これは放映権の高騰が大きく影響している。プレミアリーグは2016~19年の3シーズンで51億ポンド(約7340億円)を超える契約を交わしており、それに伴って各クラブに振り分けられる額も高くなった。

 なお、『AFP通信』によると、首位が最下位の1.61倍というのは、ヨーロッパのトップリーグで最小の格差とのことだ。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)