ここから本文です

理想的なランニングフォームは◯◯◯を意識せよ! 運動オンチだったマンガ家が52歳で「フルマラソン3時間以内」を達成できたワケ

6/2(金) 6:30配信

ダ・ヴィンチニュース

 今までのマラソンの指導書は陸上競技の経験がある元選手や監督が書いたものが多かった。しかし今回紹介する書籍の著者はマンガ家。しかも駆けっこは毎年ビリだったという運動オンチの、みやすのんき氏。しかし、一念発起して52歳にして全マラソン競技者人口の3%未満といわれるサブスリー(フルマラソンで3時間を切るタイムで走ること)を達成した。

 その経緯とサブスリー達成に至る緻密な考察、濃密なトレーニング方法をまとめた『走れ!マンガ家ひぃこらサブスリー』を2015年12月に出版。マンガは、身体の動きを絵に描く。描くためには動きを理解しなければならない。人体を深く追究したマンガ家ならではの偏執ささえうかがわせるランニングフォーム分析は大きな話題となった。まずはこの図をみてほしい。

 A図はよく雑誌の広告やマンガでも見かける典型的なランニングポーズ。しかし、みやす氏は見た目パッとしないB図の方が正解で、A図を意識すればするほど遅くなるという。膝や足首を使って後ろに蹴り出す動作は余計で、意識するべきは、とにかく着地した足をすぐに前に向かわせることだという。それはトップランナーの筋出力データをみると一目瞭然だ。

 同書はサブスリーを目指すレベルの練習にページを割かれていたが、初心者やサブ4などの中級者向けの内容にしてほしいという要望に応えたのが2017年1月に発売された、第2弾『「大転子ランニング」で走れ!マンガ家53歳でもサブスリー』である。

「大転子」とは、骨盤の股関節につながる大腿骨外側の出っ張りの部分。多くの人が足の付け根は骨盤の下にあると思っているが、実際は股関節は骨盤の横にある。しかし、みやす氏は、股関節自体は奥まっているので意識しづらいため、容易に手で触れることができる「大転子」を意識してランニングに取り組むことを推奨している。

「大転子は人間が歩く、走ることにおいての骨盤のランドマークです。そこを意識して走ることによってランニングが効率よくなります。今までの体幹をねじるような指導、曖昧な骨盤意識と区別するために『大転子ランニング』と名づけました」(みやす氏)

1/2ページ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

【表紙】乃木坂46
特集1:乃木坂46 結成7年、その言葉は誰のものか?
特集2:フツーになんて生きられない。大人のための恋愛マンガ 恋する私たちはちょっとおかしい