ここから本文です

溢れんばかりの花に彩られた ミラノで話題のセレクトショップ

6/2(金) 12:01配信

CREA WEB

花とファッションが融合したセレクトショップ

 ファッションの最先端をゆくイタリア・ミラノ。おしゃれなショップが立ち並ぶモンテナポレオーネ通りに、誰もが思わずふと足を止めてしまう素敵なお店があります。なぜなら、そのお店のショーウィンドーには美しい花が溢れんばかりに飾られているから。一見したところ、お花屋さんのようでもありますが、実は洋服や小物、雑貨を扱うセレクトショップでもあるのです。

 おしゃれの街ミラノから、花にファッションに雑貨に、とにかく女性がときめく要素がぎっしり詰まったセレクトショップをご紹介します。

 お店の名前は「tearose」、ブランドショップが立ち並ぶ、ミラノでも屈指のファッションストリートにお店はあります。オーナーは、アレッサンドラ・ロヴァティさん。

 花と自然への情熱をもって最初にフラワーブティックを開いたのが1994年。美しく、そしてたおやかに調和する彼女のフラワーコーディネートは、瞬く間に人気となり、イベント会場や店舗など、さまざまな空間を彩るフラワーコーディネーターとして世界を飛び回るようになりました。その才能はフラワーアレンジメントに留まらず、イベントコーディネーター、アートディレクターとして、今まさに活躍する女性です。

 仕事で世界中を忙しく飛び回る彼女ですが、それに忙殺されたりしないのがスーパーウーマンたるところ。旅する先々で出会う心ときめく物たちを集め、自身のブティックで扱うように。それが現在、お花屋さんとファッションブティックが融合する「tearose」となったのです。

まるで宝石箱のようなときめきに満ちた空間

 花に溢れる美しい店内には、キラキラと輝く香水の瓶や、アクセサリー、一度は袖を通してみたい上品なヴィンテージの服から、すぐに着て出かけたくなるようなカジュアルなシャツやジーンズ、うっとりと見とれてしまう鞄に靴など、まるで宝石でいっぱいの宝箱のようにときめきに満ちています。

 旅はいつもときめくようなインスピレーションをくれる、と彼女は言います。その言葉の通り、旅先で新しい物や景色に出会った時のような高揚感を、このお店に足を踏み入れると感じます。

 忙しい日常で旅に出るというのはなかなか難しいかもしれませんが、新しい物を見つけたり、いつもと違うことに気づいたり、そんな新鮮な気持ちこそが、このお店に集められたものたちのように、毎日をキラキラと彩ってくれるのかもしれませんね。

tearose
http://www.tearose.it/

藤原亮子 (ふじはら りょうこ)
イタリア・フィレンツェ在住フォトグラファー&ライター。東京でカメラマンとして活動後、'09年、イタリアの明るい太陽(と、おいしい食べ物)に魅せられて渡伊。現在、取材・撮影・執筆活動をしつつ、イタリアの伸びやかな景色をテーマに写真作品も制作中。イタリアでの日々をつづったフェイスブックはこちら。 https://www.facebook.com/chococogogo

藤原亮子

最終更新:6/2(金) 12:01
CREA WEB

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CREA

文藝春秋

2017年11月号
10月7日発売

定価780円(税込)

やっぱり行きたいね、京都。

京都おいしいごはんリスト
坂口健太郎「好青年の別の顔」