ここから本文です

阿川佐和子の63歳結婚、とにかく多種多様な意見が噴出

6/3(土) 7:00配信

NEWS ポストセブン

「けじめをつけられるってのはいいことだよね。ものすごくしっかりしたかただから。嬉しいですよ」と、芸能界のドン、和田アキ子(67才)が祝言を述べれば、梅沢富美男(66才)も、「立派だなぁ、あのババアもなかなか大したもんだよ(笑い)。一途で、かわいらしい女性だねぇ」と、相好を崩す。

 5月18日、阿川佐和子さん(63才)が『週刊文春』誌上(同日発売号)で結婚を発表すると、芸能界から祝福の声が相次いだ。

 気になるお相手は、元大学教授のS氏(69才)。ふたりの出会いは30年以上前にさかのぼる。当時、S氏には妻と4人の子供がいた。

《初めて二人で会ったのは、それからしばらくのちのこと。(中略)奥様がいらっしゃる身。あまり二人で出歩くのもよろしくないだろうと思い、その日の夜の別れ際に、「もう二人で会わないほうがいいと思います」とはっきり告げました》

 阿川さんは同誌の手記でそうつづり、一度は関係に一線を引いたことを明かした。その後、阿川さんがアメリカ留学から帰国して久しぶりにS氏に会ったところ、「奥さんと別居することになった」と打ち明けられ、次第に距離が縮まっていったという。

 3年前にS氏が前妻と離婚すると、「結婚するの?」と周囲が大合唱。いつの間にか外堀が埋まっていき、友人の脚本家、中園ミホさん(57才)の助言もあって、このタイミングで入籍を決断したのだという。

 かとうかず子(59才)が「まだ結婚できるんだ、って勇気をもらった」と称賛したように、“非婚女性の星”から一転、“晩婚化社会の希望”となった阿川さんだが、市井の声は意外にも(?)割れている。

「この年齢で寄り添っていくことを選ぶなんて、素敵な結婚だと思います」(50代女性)、「ただただうらやましい! 私も希望が持てた」(40代女性)。かような祝福の声が聞こえる一方、

「結局は略奪婚で、何年も愛し合った末の結婚というように、美談にされるのには違和感がある」(30代女性)
「このタイミングで入籍したことに打算を感じる」(30才女性)

1/2ページ