ここから本文です

話題の“雑誌の図書館”に聞く、雑誌不況で図書館はどうなる!?

6/3(土) 20:01配信

WWD JAPAN.com

 公益財団法人・大宅壮一文庫(以下、大宅文庫)は5月18日、運営資金の調達のためのクラウドファンディングを実施した。メディア関係者が資料探しに利用することでも有名な大宅文庫だけにプロジェクトは業界でも話題を呼び、目標金額の500万円をものの数日で突破。募集期間はまだ1カ月近く残っているにも関わらず、すでに600万円以上・550人以上が賛同する一大プロジェクトとなった。

 大宅文庫は京王線八幡山駅を出て環八通り沿いを南へ10分ほど歩いた閑静な住宅街にある“雑誌の図書館”。今回のプロジェクトの真意と出版業界に対する考えを聞くため、大宅文庫の鴨志田浩・事業課主事を直撃した。

WWDジャパン(以下、WWD):クラウドファンディングに至ったきっかけは?

鴨志田主事(以下、鴨志田):インターネットの普及によって情報入手の手段が増えたこと、そして、出版不況によって大半を占めるマスコミ利用が減少したことで経営状態がひっ迫していたためです。多くの公益財団は親会社などがあって、投資を受けるケースが多いのですが、ここでは利用者からの収入が全てです。支出は削れるところまで削っても、年間2000万円の赤字でした。とはいえ、公益財団は収支均衡が望ましいとされていて、大幅な黒字化もできません。そのため、これまでも寄付を募ってきましたが、赤字をまかなえるほどではありませんでした。何か別の試みを模索している中で、今回のクラウドファンディングに出合いました。少額でも個人が参加できるところが魅力的だと感じました。

WWD:すでに目標金額を達成したことについて、今の感想は?

鴨志田:開始前は本当に達成できるのか不安でしたが、まさかこんな早く達成できるとは。開始当日の朝に記者会見をして、その夜にプレスリリースを出したのですが、20時時点ではそこまで伸びていませんでした。しかし、夜中家に帰って見てみると急に額が増えていて驚きました。うれしい反面、責任重大ですね。金額はもちろんながら、550人以上の賛同を得られたことに感謝です。

1/2ページ

【関連記事】

最終更新:6/3(土) 20:01
WWD JAPAN.com