ここから本文です

必見!フォロワー数日本一 渡辺直美に聞くインスタ活用術

6/3(土) 21:01配信

WWD JAPAN.com

 「WWDジャパン」5月29日発売号「雑誌特集」の10~20代前半を対象に行なったアンケートの中で、フォローしているインスタグラムアカウントでダントツの1位を獲得したのは“@watanabenaomi703”。日本一のフォロワー数を誇る、お笑い芸人の渡辺直美だ。フォロワーからは、ファッションの支持もさることながら「写真の加工が鮮やか」「ハッシュタグが面白い」などの声が挙がった。現時点でフォロワー数は、驚異の670万人。写真の採光やアングル、プロ顔負けの構図にユーモアたっぷりのコメントなど、インスタ投稿の秘策に迫る。

WWDジャパン(以下、WWD)アンケート結果では、鮮やかな写真加工や構図を支持する意見が多かった。

渡辺直美(以下、渡辺):加工や構図よりも、コメントしやすい写真を撮ることがベストだと思います。一番意味が分からないのは、何を言いたいのかが全くわからない写真。例えば「香港に来ました!」って、フレームいっぱいに自分の顔が収まっているセルフィーを載せても、そんなの新宿で撮れるだろうと(笑)。肝心の背景が見えないと意味がないですよね。香港に来たら夜景を撮るくらいはしなきゃ。オーストラリアに行ったら、カンガルーと一緒に撮れば良いんです。一発でオーストラリアに来てるのが分かる。まず、写真をアップする明確な意図が伝わらないとダメ。

WWD:では、どんな意図でインスタに写真をアップしているのか?

渡辺:完全にサービス精神ですね。SNSは完全な自己満ですけど、鍵をかけていない限り、世界中の人に見られる可能性があるということを常に意識してアップしています。そうすると炎上することもないでしょうし、多くの人から“いいね”を押してもらえる。その意味で、私は食べ物をアップしないんですよ。だって、私が何を食べてるかなんて誰も興味がないから。その人に興味があるのに、食べ物で埋め尽くされたインスタを見るとショックなんですよね。以前、そのことをテレビ番組で話したら「別にいいじゃん食べ物を載せたって」と言われまして。否定はしませんけど、私は載せないっていうだけ。SNSを続ける理由は、世界中の人に見てもらいたいからですよね? だったらそこにサービス精神がなきゃ。

1/3ページ

最終更新:7/7(金) 20:34
WWD JAPAN.com