ここから本文です

アラフィフが選びたいシャンプーを、「美髪のプロ」がレコメンド!重視したいポイントとは?

6/3(土) 12:03配信

OurAge

髪が滑らかになりツヤが出るから、さっぱりするからという理由で、なんとなくシャンプーを選んでいないだろうか?でも、アラフィフになったら、重視すべきシャンプーのポイントは「頭皮への影響」だ。

「洗浄力が高すぎるシャンプーはおすすめできません。皮脂量にもよりますが、脱脂力が高いものは頭皮に刺激を与え、乾燥や炎症を招きます。また、洗う際にキューティクルを傷めないよう、豊富な泡が持続することも重要」とは、美しい頭皮を育むことに力を入れたサロン「AMATA」のオーナー、美香さん。

「頭皮にある程度の潤いが保たれていないと、加齢で弱まりがちなバリア力がさらに低下。そうすると血流も悪くなり、頭皮に十分な栄養が運ばれず、よい髪が生えにくくなります。内容と価格は比例しますので、洗浄できればいいと思わずに、アミノ酸などタンパク質系の栄養成分がたっぷり配合されている、上質なシャンプーを選ぶといいですね。ボトルに記されている、上から5つぐらいまでの内容成分を確認してみてください」と教えてくれたのは、ヘアケアとスカルプケアに特化した日本初のサロン「サロン・ド・リジュー」の代表、永本玲英子さん。

2人とも、毛髪診断士としても活躍している。そんな美髪のプロからのアドバイスを踏まえ、おすすめのシャンプーをご紹介。

◆アラミック「オーガニックウェイ リビルディング ヘアバス」
国際的に認められたオーガニックブランド。植物のパワーが詰まった、頭皮に優しく炎症を抑える効果に優れたシャンプー。パーマやヘアカラーなどで傷んだ毛髪繊維に、水分やハリ、コシを与えてくれる。

◆サロン・ド・リジュー「H&A(ヘア・アンチエイジング)シャンプー」
頭皮に不要なものは洗い流し、必要な潤いは残すという自動選択性機能を搭載、頭皮をベストな状態に。洗いながら髪を再構築するという発想から生まれたシャンプーは、良質なタンパク質配合でハイダメージも修復。

◆イーラル「イーラル プルミエ バランシングシャンプー SY」(医薬部外品)
薄毛、抜け毛、ハリ・コシのなさ、ツヤ不足に。エイジングが進んだ頭皮は角層が未熟な状態であることに着目。乾燥した頭皮も敏感な頭皮も穏やかかつパワフルにケアしながら洗浄。早めに効果を感じやすい。

◆サンテック「イイスタンダード シャンプー ダマスクローズ」
エイジングケア成分を含め、95%以上も美容成分を配合! 女性ホルモンを安定させる効果があるといわれるダマスクローズのオイルもふんだんに。頭皮と自然環境を考え、天然由来の低刺激成分で作られたシャンプー。

そのほか、普通にシャンプーしてはいるけれど、頭皮がべたつく、頭皮がにおう、頭頂部にボリュームが出ないという人は、頭皮クレンジングで大掃除をするのもおすすめ。

◆ツイギー「ユメドリーミン エピキュリアンヘアクレンジング クレイ」
シリカとクレイで、頑固な頭皮の汚れをしっかり吸着してオフ。

◆サラヤ「ココパーム ホットクレンジングジェル」
温感タイプで、頭皮を温めて緩める。

実は頭皮トラブルも招くこともあるシャンプー。毎日使うものだけに、アラフィフになったら、もっと慎重に選ぶようにしたいものだ。

最終更新:6/3(土) 12:03
OurAge