ここから本文です

統合失調症のマーベルヒーロー「レギオン」:30年を経て主役になれる時代がやってきた

6/3(土) 12:04配信

WIRED.jp

複数の人格をもち、精神障害に苦しむスーパーヒーローのレギオン。30年前にはあまりに奇妙であると思われていたマーベルコミックのキャラクターが、ついに主人公となって2017年にテレビドラマ化された。デビューから時が経ち、「レギオンを理解できる時代」がようやくやってきたのだ。

ヒーロー映画は女性を求めている──映画『ワンダーウーマン』新予告編公開

コミックのキャラクターのなかには、ポップカルチャー全体にたちまち影響を及ぼす者たちがいる。キャプテン・アメリカは第二次世界大戦下の米国にうってつけのヒーローだった。スパイダーマンも、恐れ知らずな1960年代にうってつけのヒーローだった。だが、レギオンはそうではなかった。

マーベルのキャラクターであるレギオンは、米国のケーブルテレビ「FX」で2017年2月から始まった新番組「レギオン」[日本では2月9日からFOXチャンネルで放送。シーズン2の制作も決定している]の主人公だ。「X-Menファミリー」のなかでも最もパワフル、かつ最も興味深い存在であるこのレギオンを世界が受け入れられるようになるまでには、30年近くかかっている。

最強の問題児、レギオン

レギオン(本名はデヴィッド・ハラー)がデビューしたのは、1985年に刊行された『New Mutants』第25号だった。彼の初登場は作中ではなく、アーティストのビル・シェンキェヴィチによる1ページのピンナップ写真。実際に物語に登場したのは次号からだった。

だが、エグゼビア教授(プロフェッサーX)の親友モイラ・マクタガートによって書かれたとされるピンナップの解説が、レギオンことハラーについて知るべきことのすべてを読者に伝えていた。ハラーはプロフェッサーXの息子であり、その事実をプロフェッサーX自身は知らなかったのだ。

ハラーは「強力な超能力」をもっているものの、統合失調症の一種である緊張病を患っている。モイラはハラーを「地上最強のテレパス」と表現している。これに続く3号を通して読者は、ハラーはイスラエルで起きたあるテロ事件の唯一の生存者であり、それが彼のミュータントパワーを目覚めさせると同時に、彼を緊張病にしたことを知る。さらにこの事件が引き金となって、ハラーは解離性同一性障害(DID)を発症。症状がミュータントパワーと結合することで、彼は他人の人格を吸収できるようになった。

ご想像の通りハラーは、控えめな言い方をすれば「問題児」だった。彼がもつ人格のなかには、人を殺そうとする者までいたほどだ。だが心の暴走はやがて鎮まり、ハラーは複数の自己をうまくコントロールできるようになった。しかし、さらに悪いことが彼を待ち受けていた。

ハラーは1989年、彼の力を悪用して世界征服を企てる「シャドウキング」に取り憑かれてしまったのだ。また1991年、物語が結末を迎えるころには、ハラーは再び緊張病を発症した。今回は非常に深刻で、エグゼビア教授でさえハラーの心を動かすことはできなかった。

1/3ページ

最終更新:6/3(土) 12:04
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.29』

コンデナスト・ジャパン

2017年9月11日発売

630円(税込み)

『WIRED』VOL.29は1冊まるごとアフリカ大特集!「African freestyle ワイアード、アフリカにいく」南アフリカ、ルワンダ、ケニア etc