ここから本文です

アメリカで大注目の「猫の毛の香り」フレグランスとは?

6/3(土) 21:00配信

コスモポリタン

猫愛好家にとって、猫の毛に顔をうずめるのは、なんとも言えない心地良さ。コスモポリタン アメリカ版によると、そんな瞬間の心地良さを再現できる(!?)、この「猫の毛の香り」が商品化されたそう。手掛けたのは、香水ブランドの「Demeter」。

猫好きの彼女に、犬好きの僕も合わせるべき?

先日発売された「猫の毛の香り」のフレグランスは15年をかけ開発され、ちょうど猫の首のうしろを嗅いだような、温かく心地よい香りだとか。(ちなみに、この香水を開発するのに1匹の猫も犠牲にしていません)

情報サイト<Mashable>によると、この「猫の毛の香り」は定番のコロンやボディローション、シャワージェル、マッサージオイルやルームフレグランスなど、色々な形態であらゆる人向けに売られているそう。

「猫の毛の香り」以外にも、Demeter社は、身の回りにあるちょっとニッチだけど素敵な香りに注目。たくさんの珍しい香りを300以上も取り揃えているそう。人気の香りには「新生児」「泥」「ペイパーバック」などがラインナップ。

ちなみに、この「猫の毛の香り」は、日本からも注文可能だそう。

※この翻訳は抄訳です。

最終更新:6/3(土) 21:00
コスモポリタン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コスモポリタン

ハースト婦人画報社

1886年にアメリカで創刊され、
世界中の女性に愛されるコスモポリタン。
日本ではオンラインに特化し、
恋愛、ビューティ、セレブ情報など発信中。