ここから本文です

「大画面の軽量ノートPC」の新ジャンルを牽引してきたレノボ 『ThinkPad X1Carbon』から第5世代が登場

6/3(土) 16:30配信

@DIME

最近の一部のノートPCでは大画面、軽量化が進んでいる。大画面になれば、作業効率があがり、軽量になれば持ち運びやすくなる。より仕事の効率をあげてくれるように進化が進んでいるわけだ。

【写真】「大画面の軽量ノートPC」の新ジャンルを牽引してきたレノボ 『ThinkPad X1Carbon』から第5世代が登場

そんな大画面、軽量ノートPCというジャンルを切り開いてきた機種の1つがレノボの「ThinkPad X1Carbon」だ。X1 Carbonの登場以前、ThinkPadシリーズは主に12インチ、13インチ、14インチ、15インチというようなサイズで展開していたが、12インチ級機種でも多くのインターフェースを持ち、周辺機器との接続性がいいパソコンだった。それがThinkPadのポリシーという感じだったのだ。

そんななかX1Carbonは登場してきた。モバイルノートPCとしては大画面な14インチディスプレイを搭載しながら、薄型軽量なボディで持ち歩きやすい大画面ノートPCというモデルだった。その後もX1 Carbonは軽量化や拡張性などの進化をしながら、モデルチェンジを続けていった。

僕もファンクションキーを無くしてタッチパネルを搭載した世代のモデルを使用していた。あれは今、思えばX1 Carbonのなかで唯一、冒険的過ぎて失敗したモデルとなってしまったのかも知れない。

今、時代が追いついてきた感もあるX1 Carbonに最近、5世代目のモデルが登場した。

■外観

今回のX1Carbonは前の世代から10%の小型化がされ、やや軽量化がなされ、その重量は約1.13kg~となった。それでいて、耐久性は前世代のモデルと同等の耐久性を持っているという。ボディサイズは、

約 323.5×217.1×15.95mm

であり、厚さは実に16mmを切っている。僕の使っていた2世代前のモデルと比較すると、そのボディは非常にコンパクトであり、進化を感じる。

ディスプレイの周囲に目を移すと、サイドのベゼルが狭いのが目につく。こういうところで幅を削ってコンパクトなボディを実現しているのだろう。感覚的には1インチ小さい13インチサイズのディスプレイを搭載したノートPC並みのサイズな気がする。

■キーボード

やはり、ThinkPadの個人的な注目点はキーボードだ。キーはよくあるアイソレーテッドタイプで、キーとキーの間が離れていてタイプしやすい。キータッチは柔らかくストロークがあるのだが、初動が少し重いタイプだ。ThinkPadの伝統を受け継ぐキータッチチューニングと言えるだろう。

タッチパッドとボタンは分割されており、操作しやすい。言うまでもなくポインティングデバイスはスティックポイントだが、この操作感も昔と変わりない。マウスを使わなくても細かい操作ができるのは便利だ。

ちなみに、この機種は排気がユーザーの右、右手側に排出される。僕がよく使うノートPCは左側に排気されるものが多いので、重い処理などをしていて、熱い空気が排気されると、おっと思ってしまう。言うまでもなく、マウスを使って作業していると、そのマウスを持った右手に暖かい空気が流れるわけだ。マウスを使うことが多い人は、そういうこともあると覚えていてほしい。

■拡張性

X1 Carbonはボディが薄いせいで拡張性が高くないというのは伝統芸なのだが、最近ではインターフェースが進化しているので、あまり問題がなくなっている。今回はUSB3.0に加えてThunderbolt3インターフェースを搭載しており、より拡張性が高くなった。オプションのThunderboltドックを使うと4Kディスプレイ2台を接続することもできる。

■LTE対応も可能

今回のX1 CarbonはオプションでLTE通信にも対応した。これによって、モバイルルータを持ち運ぶとか、スマホのテザリングを使う必要がなくなったのがヘビーなモバイルユーザーには魅力だろう。

外出先で仕事をすることが多い人には一般的なモバイルPCよりも大画面で情報を表示でき、小型軽量なX1 Carbonは仕事の相棒としてうってつけだろう。また、ThinkPadならではのタフさも持ち歩いて仕事をする人には安心感があるだろう。また、ポインティングデバイスがスティックなので、慣れればマウスなしでも効率的に作業でき、荷物を減らすことができるのもいい。

ThinkPad X1 Carbonは外出先で効率的に仕事をしたい人におすすめのパソコンだ。

文/一条真人

@DIME編集部

最終更新:6/3(土) 16:30
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年10月号
8月16日発売

定価600円

売り切れ御免!調理家電&ヒット食品
ふるさと納税 極ウマ返礼品・ベスト47
ホリエモン流 超仕事術公開
タイプ別 痩せるカラダマネジメント