ここから本文です

ドルトムントで来季“ダブル・デンベレ”結成!? 43億円の逸材獲得へチェルシーと争奪戦か

6/3(土) 22:00配信

Football ZONE web

セルティックで今季公式戦32得点の20歳FW オーバメヤン流出に備えて白羽の矢

 日本代表MF香川真司の所属するドルトムントは新たな点取り屋の獲得に向けて、プレミアリーグ王者チェルシーとの争奪戦に挑むことになりそうだ。英紙「デイリー・レコード」は、名門セルティックのU-21フランス代表FWムサ・デンベレを両クラブが狙っていると報じている。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 ドルトムントは今季31得点で初のブンデスリーガ得点王に輝いたガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンの、パリ・サンジェルマン移籍が近づいているとされ、ストライカーの獲得が急務となっている。

 そこで今季無敗で、国内三冠を成し遂げたセルティックのエースFWデンベレに白羽の矢が立ったようだ。昨夏に英2部フルアムからスコットランドへ渡ると、リーグ戦で29試合17得点を決めるなど公式戦49試合32得点とゴールを量産。9月28日に行われたUEFAチャンピオンズリーグの本拠地マンチェスター・シティ戦(3-3)では、ジョゼップ・グアルディオラ監督就任から開幕10戦10勝という破竹の快進撃を見せていた相手から2得点を奪い、連勝をストップさせた。

ドルトムント強化部長が才能に注目

 記事によれば、現在20歳のデンベレは3000万ポンド(約43億円)の価値があると推定されている。スペイン代表FWジエゴ・コスタのバックアッパーに不安を残すチェルシーは、今冬の移籍市場でもデンベレ獲得に動いており、再び交渉に乗り出す構えだ。

 その一方、ドルトムントではミヒャエル・ツォルク強化部長もデンベレに注目しているという。昨夏にはフランスのレンヌからフランス代表MFウスマン・デンベレを獲得し、すぐさまレギュラーに定着したことから、“ダブル・デンベレ”による攻撃ユニット形成にも期待がかかる。

 トーマス・トゥヘル監督の後任探しにも奔走するドルトムントだが、もう一つの重要な補強ポイントであるストライカー獲得を成功させることができるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:6/3(土) 22:00
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新