ここから本文です

【J1展望】C大阪‐新潟|新潟は守護神と主将を欠く苦しい陣容。好調なC大阪を抑えられるか

6/3(土) 15:04配信

SOCCER DIGEST Web

C大阪――5連勝中と勢いに乗る。

J1リーグ14節
セレッソ大阪-アルビレックス新潟
6月4日(日)/15:00/キンチョウスタジアム

【PHOTO】日本サッカーを彩る美女サポーターたち♥

セレッソ大阪
今季成績(13節終了時):3位 勝点25 7勝4分2敗 21得点・11失点
 
【最新チーム事情】
●前節の神戸戦(2-1)に勝利し、暫定ながら3位に浮上。
●水沼、澤上ら怪我人が続々と復帰。
●スタメンはここ数試合と変えない見込み。
 
【担当記者の視点】
 ルヴァンカップを含めて5連勝と好調だ。順位も暫定ながら3位と、上々の位置に付けている。前節の神戸戦では左ハムストリング筋損傷から復帰した水沼が決勝ゴールを奪うなど、貴重な戦力が戻ってきたのも大きい。
 
 新潟戦のスタメンはここ数試合と変えない見込み。ただ、ゲームの流れを掴めない場合は、ベンチ入りするであろう水沼、澤上らの投入のタイミングが鍵になりそうだ。

新潟――守備に不安が残る。

J1リーグ14節
セレッソ大阪-アルビレックス新潟
6月4日(日)/15:00/キンチョウスタジアム

アルビレックス新潟
今季成績(13節終了時):17位 勝点8 2勝2分9敗 10得点・27失点
 
【最新チーム事情】
●守護神の大谷(右足関節インピンジメント症候群)、とキャプテンの大野(陳旧性右内側側副靭帯損傷)がそれぞれ手術。前者は全治8週間、後者は全治12週間の見込み。
●ルヴァンカップの神戸戦は0-1で敗れたが、高い守備意識は光った。
●コンディショション次第では、U-20ワールドカップから戻った原の起用も。
 
【担当記者の視点】
 前節の仙台戦は、T・ガリャルドの加入後初ゴールで先制するも、終盤の2分間で連続失点し、逆転負けした。今節は守備の安定を図りたいが、守護神の大谷、キャプテンの大野が相次いで負傷離脱と不安が残る。
 
 仙台戦からメンバーを総入れ替えして臨んだ今週水曜日のルヴァンカップの神戸戦も0-1で敗れ、公式戦3連敗。しかし、粘り強い守備から攻撃のチャンスを窺うチームの狙いは徹底されていた。なかでも、ボランチの成岡、右SBの長谷川が、好プレーを見せたのは収穫だ。今節での起用も考えられる。
 
 U-20ワールドカップに出場していた原は6月1日から練習に合流。不在の間に就任した呂比須監督も、大会でのプレーは映像でチェックしており、状態を見極めて起用する考えだ。

最終更新:6/3(土) 15:05
SOCCER DIGEST Web