ここから本文です

【J1展望】横浜×川崎|カップ戦で明暗を分けた両者の対決。横浜は謙虚なスタンスで“格上”に挑む?

6/3(土) 14:55配信

SOCCER DIGEST Web

横浜――左右の入れ替えは機能するはずだ。

J1リーグ 第14節
横浜F・マリノス-川崎フロンターレ
6月4日(日)/17:00/日産スタジアム
 
横浜F・マリノス
今季成績(13節終了時):8位タイ 勝点20 6勝2分5敗 15得点・13失点
 
【最新チーム事情】
●前々節の仙台戦で右足かかと付近を負傷した齋藤はすでに復帰している。万全の状態ではないが先発が有力視されており、この試合では右サイドに入る模様。
●ボランチの喜田が負傷を抱えており、出場可否が不透明だ。欠場の場合は天野と扇原のレフティコンビが中盤の底を務める。
●水曜日のルヴァンカップで先発復帰した中町と富樫はベンチスタートか。
 
【担当記者の視点】
 ルヴァンカップでは最終節の広島戦に敗れて、痛恨のグループリーグ敗退。そこまで公式戦4戦無敗(3勝1分)と調子を上げてきていただけに、残念な結果に終わってしまった。
 
 悪い流れを断ち切るためにも、上位にいる県内のライバルチームを是が非でも叩きたい。注目は、左右を入れ替えた2列目両サイド。左が主戦場の齋藤は以前、右でのプレーにも好感触を口にしているだけに期待が持てる。左利きのマルティノスはより縦方向に進路を取り、深い位置からのクロスで好機を演出できるか。
 
 戦力的にも勢いでも相手のほうが上。その事実をしっかりと受け止め、謙虚なスタンスで試合に臨み、勝点3を掴み取りたい。

【PHOTO】横浜×仙台の美女サポーターたち♡

川崎――公式戦で6連勝中。

J1リーグ 第14節
横浜F・マリノス-川崎フロンターレ
6月4日(日)/17:00/日産スタジアム
 
川崎フロンターレ
今季成績(13節終了時):5位 勝点22 6勝4分2敗 19得点・11失点
 
【最新チーム事情】
●家長を組み込んだ攻撃の形を確認。コンビネーションは徐々に高まっている。
●エウシーニョが戦列復帰。6月2日の紅白戦に出場した。
●5月19日の鹿島戦で足を痛めた大島はジョギングを開始。一方、エドゥアルドが左足首を捻って離脱するなど、新たな怪我人が増えている。
●横浜戦後には4日間のオフを予定。「最後に頑張ろう」と、選手たちは気合いを入れている。
 
【担当記者の視点】
 今週火曜日のムアントン・U戦は4-1で快勝(2試合合計7-2)し、ACLで8年ぶりのベスト8進出を決めた。公式戦は6連勝中と好調だ。そのなか、今週の練習では、5月9日のイースタンSC戦で戦列復帰した家長を組み込んだ形を確認。横浜戦では彼をトップ下で起用する見込みだ。
 
 一方、過密日程のなか、エドゥアルド、大島と新たな負傷者が出ているのは不安材料と言える。ただ、横浜戦後には4日間のオフが予定されているだけに、まずはチーム一丸となって今節を乗り切りたい。
 

最終更新:6/3(土) 14:55
SOCCER DIGEST Web