ここから本文です

英クラブが新加入選手とサインした場所がカジュアルすぎる! SNSで話題に

6/3(土) 20:31配信

フットボールチャンネル

 イングランド下部リーグのクラブが、新加入選手とのサインを交わした場所があまりにも“カジュアル”だとして大きな話題となっている。

3位C.ロナ、2位ベイル、1位は…移籍金歴代トップ10

 イングランドの6部に相当するナショナルリーグ・サウスのオックスフォード・シティは、来季に向けた新戦力としてFWマット・パターソンの獲得を2日に発表した。公式ツイッターで公表された写真は、選手がペンを持った手を契約書の上に置いているという、契約発表時のよくある構図だ。

 だがよく見てみれば、パターソンが座っているのはどこかの飲食店内らしき場所。そして隣の席には、マクドナルドのメニューらしきものが確認できる。普通ならクラブ事務所などで契約を交わすものだが、6部リーグのクラブとはいえあまりにも意外な場所だとして、SNS上で大きな反響を集めることになった。

 現在27歳のパターソンは下部リーグでキャリアを過ごしてきたが、サウサンプトンに所属してイングランド2部でプレーした経験もある選手。契約のサインに用いられているのが高級なペンではなく、銀行の名前が入った無料の販促品だとみられることも注目されている。

 大きな注目を集めたこの一件には、英国マクドナルドの公式ツイッターも反応。パターソンの契約発表を引用し、「我々はオックスフォード・シティの美味しい新加入選手の大ファンです!」とツイートしている。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)