ここから本文です

「トモダチゲーム 劇場版」初日に吉沢亮、山田裕貴らキャスト陣が息の合ったボケを見せる!!

6/4(日) 6:00配信

ザテレビジョン

「トモダチゲーム 劇場版」が6月3日に公開初日を迎え、シネ・リーブル池袋(東京)で初日舞台挨拶が行われた。

【写真を見る】コメント中の山田裕貴を、優しく見守る吉沢亮!?

完成披露イベントには、吉沢亮、山田裕貴、内田理央、大倉士門、根本凪(虹のコンキスタドール)、天月-あまつき-、上野優華、久保田悠来、永江二朗監督が登壇。撮影のエピソードや見どころなどを語った。

「トモダチゲーム」は原作・山口ミコト、漫画・佐藤友生による頭脳ゲーム漫画で、「別冊少年マガジン」(講談社)で'14年1月号から連載中。4月には、tvkほかでドラマ版が放送されている。

高校生の片切友一(吉沢)は、クラスメートの美笠天智(山田)、沢良宜志法(内田)、四部誠(大倉)、心木ゆとり(根本)と共に、大金の懸かった謎の“トモダチゲーム”に参加。「友人を疑ってしまう」ような内容のゲームで、“金”より“友”を選べるのかを試されていくことに。

ついに迎えた公開初日。吉沢は「とてもドキドキしております」と心境を明かす。さらに、「皆さんがどんな反応をしてくださるのか?っていうのが、本当にドキドキで。SNSだったり、口コミだったり、皆さんの声が重要になってきます。面白かったら、ぜひSNSなどで広めていただいたりして、一緒に盛り上げてくださったら嬉しいです」と呼び掛けた。

見どころについて、吉沢は「“熱のこもったぶつかり合い”を見てる人の顔が重要だったり、あんまり意識がいかないような所にヒントが隠れてたりするので、いろんな所に目を配って、それぞれの表情や仕草を見逃さずに観ていただけたら、より深い部分で楽しんでいただけるんじゃないかなと思います」と紹介。

一方で、内田は「ピンチ、ピンチ、最後にまさかのズキューンみたいなシーンもあります」という“らしい”コメントで、笑いを誘う。

気を取り直して、それぞれが「キャラクターの再現率がすごい」(山田)、「ドラマ版は『コックリさんゲーム』だったから、無言っていうのが必須でしたけど、第2ゲームの『陰口スゴロク』ではみんなが喋るので、それぞれの個性やキャラクターが出て面白いんじゃないかな」(大倉)と見どころを語っていく。

そして、久保田が「ここにいる誰よりも髭が生えてます。ありがとうございました!」と締め、再び会場を笑いに包んでいた。

音楽の話題になると、オープニング曲「Mr.Fake」を提供している天月-あまつき-は「『トモダチゲーム』自体が心理戦であり、学校生活の友情がテーマになっているので、僕自身の過去を交えて曲を書きました。『トモダチゲーム』というインパクトのある、ダークな作品に寄り添うような、強烈な楽曲になっていると思います」と解説。

エンディング曲「友達ごっこ」を書き下ろした上野は「作品の内容自体がちょっとシリアスで、心がギュッとなるくらいに友情が壊れていくようなシーンもあると思います。この作品を観た後に聴くと、ちょっと希望の光が差してくるような、温かい曲になっているので、このエンディング曲で皆さんの気持ちが少しでも救われたらいいな、という思いで歌わせていただきました」と話した。

撮影中に辛かった事を聞かれると、吉沢は「寒さです!」と即答。内田、山田、大倉、根本も「寒さです!」と続き、上野も「寒さですかね?」と答えるが「ウソです。あんまり寒くなかったです。でも、この流れで『寒さ』以外は言えないと思って…」と苦笑い。

さらに、「じゃあ、寒さですかね?」と言う天月-あまつき-には、司会者から「撮影現場にいらっしゃらなかったですよね? プライベートが寒かったということで、よろしいでしょうか?」とツッコミが入り、天月-あまつき-は「そういうことでお願いします」と笑顔を見せる。

久保田と永江監督が「寒さです!」と回答して一連の流れを締めくくると、吉沢は「年末の寒い時期で風も強いですし、早朝から日が暮れるまで、食事休憩以外はずっと屋上にいたので、体温も奪われて、体力勝負でしたね」と過酷な撮影を振り返った。

一方、楽しかった事については「クリスマスの日に、豪華なご飯をスタッフさんが用意してくださって。みんなでプチクリスマス会みたいな事を現場でやらせていただいて、楽しかったです!」(吉沢)、「真剣にお芝居してる時間も、スタッフさんと談笑してる時間も、みんなといる時間も楽しかったので、外は寒かったんですけど、僕もハートは燃えてました!」(山田)と回答。

だが、大倉の「友達ですかね?」という答えでは、ステージが微妙な空気に。ポカンとする共演者たちに、大倉は「君たちと共演できて、僕は本当に楽しかったですよ!」と熱く語った。

また、根本が挙げた「みんなでストーブを囲んでる時」の様子を、ステージ上で再現することに。完成披露試写会の時と違い、今回は大きな拍手が送られた。

そして、「やっぱり、クリスマスですかね? みんなでケーキを…」と語る久保田に、キャスト陣から「いなかったやん!」とツッコミが。「あっ、違う現場でした。ちょっと混同してまして」と、ここでも久保田が笑いを巻き起こしていた。

最後に、吉沢は「ドラマ版以上の、究極の心理戦となっています。1つ1つの表情、目の動き、目線の先などから、自分も『トモダチゲーム』に参加しているような気持ちで『誰が犯人なのか?』とか、『誰が裏切り者なのか?』とか、『この人は今、何を考えているのか?』とか、いろいろ想像しながら観ていただきたいです。その想像を超えてくる展開になっていると思いますので、ぜひいろんな事を考えながら観ていただけると、より楽しめるんじゃないかなと思います。そして、面白いなと思ったら、また2度、3度と友達を連れて観にきてくれたら嬉しいです」とメッセージを送った。

なお、劇場版第2弾となる「トモダチゲーム 劇場版FINAL」が9月2日(土)より、シネ・リーブル池袋ほか全国で順次公開されることも発表された。

最終更新:6/4(日) 11:58
ザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)