ここから本文です

「ゾゾタウン」の新卒入社4年目は何をしている?

6/4(日) 16:01配信

WWD JAPAN.com

 スタートトゥデイが運営するファッションECモール「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」は年間の商品取扱高が2000億円を突破し、飛ぶ鳥を落とす勢いで成長している。ビジネス関連のニュースはもちろんのこと、アートに造詣が深い前澤友作・社長がバスキアを124億円で落札するなど、常に話題に事欠かない。そんな同社には、幕張に住むことで毎月5万円が支給される“幕張手当”があり、実際に社員の多くが千葉に住む。しかも、ほとんどがバス・自転車通勤というローカルに根付いた新しい形の企業でもある。そんな「ゾゾタウン」で唯一、自社発信型のコンテンツを届けるメルマガ・SNS担当の井上沙紀スタートトゥデイEC事業本部(以下、井上)に働き方を聞いた。

WWD:主な業務内容は?

井上:自社で運営するツイッターやフェイスブック、インスタグラムといった公式SNSアカウントの運用をするチームにいます。毎日3~5つの特集コンテンツ・切り口を考えて配信する仕事です。会員用のメルマガでも同じようにコンテンツを配信するので、そちらのネタ作りもしています。

WWD:例えばどんなコンテンツがありますか?

井上:これからの季節ならレイングッズをまとめたり、売れ行き・トレンドを発信したり。最近だとポロシャツやオープンカラーシャツなんかが人気なので、オススメ商品として紹介したり。また、商品ありきではなく、例えば「合コンに来ていく服」など、自由なテーマを決めることもあります。時期にもよりますが、GWの特集は前から仕込んでいたり、突然雨が降ったら天気に対応したツイートをしてみたり、タイムセールをゲリラ的にやってみたりと臨機応変にやっています。なんとなく、お店のマネキンを変えるようなイメージの仕事です。SNS別では、ツイッターが比較的ユルめのコンテンツを出すもの。インスタグラムは更新頻度が低く、直接リンクが飛ばせないこともあるので、即完売しそうなアイテムの事前告知に使ったりしています。

WWD:目標数値などはあるんですか?

井上:フォロワーを増やすためのリツイートキャンペーンなどをやることはありますが、SNS経由の売り上げ目標などが決まっているわけではなく、フォロワーに楽しんでもらえるコンテンツというところに主眼を置いています。なので、コンバージョンよりセッション重視です。どうしても主観が入ることもありますが、できるだけどんな方が見ても楽しめるように心がけています。

最終更新:6/6(火) 16:21
WWD JAPAN.com