ここから本文です

CL決勝2発のC・ロナウド 「この連覇は別次元」と歓喜も、“来季3連覇”を早くも宣言

6/4(日) 8:06配信

Football ZONE web

先制点と3点目を叩き込み4-1勝利に貢献、大会12ゴールに伸ばし得点王を獲得

 史上初となるUEFAチャンピオンズリーグ(CL)連覇を果たしたレアル・マドリードのなかで、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは早くも未知なる領域を目指しているようだ。CL決勝で2得点を挙げて4-1の勝利に貢献し、今大会の得点王に輝いたゴールマシンは、試合直後の衛星放送「ビーイン・スポーツ」のインタビューで、「今の目標は次のCLを制覇すること」と、大会3連覇宣言をしている。

【動画】受け継がれる天才のDNA…ロナウド愛息が父親さながらの鮮烈FK!

「今シーズンは本当に印象に残るエンディングだったね」

 ビッグイヤー獲得後、ロナウドは開口一番にこう語った。リーガとセリエA王者同士の激突で主役となったのは、やはりロナウドだった。前半20分、FWベンゼマがボールを受け、ロナウド、DFカルバハルと展開。カルバハルがグラウンダーで折り返したところにロナウドが走り込みダイレクトで合わせる。クラブ史上CL通算500ゴール目となる一撃で、レアルが1-0と先制に成功した。

 その後ユーベFWマンジュキッチの鮮やかなオーバーヘッドキックで1-1の同点とされたが、レアルは後半16分にMFカゼミーロのミドルで勝ち越し。そしてその3分後にはMFモドリッチが右サイド深い位置で折り返すと、ニアサイドに走りこんだのはロナウド。右足ダイレクトで射抜き、3-1とした。ロナウドはこの日2得点目で今季CL通算12点目とし、バルセロナFWメッシを抜き得点ランク単独トップに立った。

「僕らは連覇に値する」

「僕らはCLで初めて連覇したチームで、なおかつ僕は決勝で2得点を決めて今大会のトップスコアラーとなれた。だから僕はうれしいよ」

 チームの勝利、そして自らの得点どちらも誇るロナウドは、「ジダンは僕らに積極的に話しかけて、僕らに彼の信念を伝えてくれたよ」とジネディーヌ・ジダン監督の采配を称えつつ、このようにも続けている。

「この連覇は別次元の記録で、僕らはこれに値する。現時点での目標は、次のチャンピオンズリーグも勝ち取ることだ。我々は開幕から素晴らしいサポートを受けるアドバンテージを受け、自分たちのベストを尽くしてこのタイトルを勝ち取れたからね」

 史上初となる連覇に満足せず、3連覇を――。誰よりも勝利に貪欲なロナウドは栄光の時に浸りつつも、視線はすでに2017-18シーズンに向いているようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:6/4(日) 8:06
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新