ここから本文です

「なんでこんな走らなきゃ…」から成長実感のGK川島 日本代表海外組キャンプ打ち上げ報告

6/4(日) 23:07配信

Football ZONE web

5月28日から日本代表の海外組が順次合流して8日間のキャンプ実施

 メスの日本代表GK川島永嗣は4日に自身のブログを更新し、千葉県で行われた8日間の日本代表海外組キャンプを終えて「少しずつ走れるようになってきました。34歳、成長してます」と充実感を漂わせる報告をした。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 6月7日のキリンチャレンジカップ・シリア戦、13日のロシア・ワールドカップ最終予選敵地イラク戦を戦う日本代表メンバーに選出された海外組は、順次合流する形で5月28日から6月4日までキャンプを実施。日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督が見守るなかでメニューをこなしたが、初日から合流した川島は「今年も厳しい海外組キャンプを終えました!!」と綴り、ハードな内容にポロリと本音も漏らしている。

「二年前に初めてこの海外組キャンプをやった時は、GKも走らされてなんでGKもこんなに走らなきゃいけないんだろう、としか思わなかったけど(苦笑)、一年一年、少しずつ走れるようになってきました(笑)。34歳、成長してます(笑)」

 GKも走りを要求される地獄の海外組キャンプに苦笑の川島だったが、年々成長を実感するとともに、体の変化も感じ取っているようだ。

「今まで自分から走ることなんてなかったけど、今はトレーニングに少し走りを入れたりすることで、身体が疲れにくくなっている気がします。嫌いなことでもとにかくやってみる。そうすることで、また見えるものもあるのかなと」

トレーニング乗り越え総勢12人でご褒美

 14人の海外組に加え、バックアップメンバーとして宇佐美貴史(アウクスブルク)も参加したキャンプは4日に無事打ち上げとなり、5日から国内組も合流して東京スタジアムでトレーニングを続ける。

「とにかく、この厳しいキャンプを無事に乗り越えて、また明日からの全体集合に向けて、何よりここからはしっかり試合に向けて気持ちを新たにしていきたいなと思います」

 また「厳しいトレーニングを乗り越えてみんなでご褒美の焼肉」と川島永嗣、吉田麻也(サウサンプトン)、岡崎慎司(レスター・シティ)ら総勢12人で食事に行った写真をアップ。心身ともに充実の川島ら海外組は良い形で5日からの全体練習に入れそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:6/4(日) 23:07
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新