ここから本文です

柏が怒涛の8連勝で首位固め!GK中村が好セーブ連発で浦和撃破に大貢献

6/4(日) 21:19配信

SOCCER DIGEST Web

PKの場面は「自分の実力以外の何かが働いた」。

[J1リーグ14節]柏1-0浦和/6月4日/柏
 
 J1リーグ14節の柏対浦和が4日、日立柏サッカー場で行なわれ、柏が1-0で浦和を下した。
 
 最初にチャンスを迎えたのは、アウェーの浦和だった。開始2分、興梠のパスを受けた関根が中央に仕掛けてシュート。さらに、こぼれ球に高木が反応してフリーで右足を振り抜いたが、力み過ぎて上に外れた。

【PHOTO】日本サッカーを彩る美女サポーターたち♥

 浦和はその後、CF興梠のキープ力を生かして起点を作り、左右にパスを散らしてゲームを作る。
 
 対する柏は素早い攻守の切り替えを意識し、鋭いカウンターでゴールを狙った。クリスティアーノが個人技で左サイドを突破すれば、右サイドでは小池が果敢なオーバーラップで厚みを加える。両サイドを使った攻撃で、浦和ゴールを脅かした。
 
 そうして迎えた前半終了間際、ホームの柏が先制する。右サイドで仕掛けた小池が敵陣深くに侵入してクロスを上げる。これをファーサイドの武富が折り返し、中央の中川寛が頭で押し込んだ。このゴールで柏が1点をリードし、ハーフタイムを迎えた。
 
 後半立ち上がりは、またも浦和がビッグチャンスを掴む。48分、ゴール前でパスを受けた興梠がボールを浮かすと、柏のDF中谷の手に当たってPKの判定。しかし、このPKを興梠が右に外し、絶好のチャンスを逃した。
 
 一方の柏は60分にクリスティアーノがドリブルで持ち込み、角度のないところから惜しいシュートを放つ。ただ、どちらかと言えば浦和にボールを支配される展開で、柏が守勢に回る時間が続いた。
 
 そこで輝いたのが、柏のGK中村だ。72分には興梠が放った決定的なボレーシュートを至近距離でストップ。以降も集中を切らさずにゴールマウスを守り抜き、1-0の完封勝利に貢献した。

 柏はこの勝利で勝点30に乗せ、首位をキープ。2位のC大阪とは勝点差2、ACLの影響で1試合少ない3位のG大阪には勝点差5をつけた。
 
 殊勲の中村はヒーローインタビューで、「チームメイトが非常に、僕も含めて戦えたのが結果的によかった。チームを救うことができて良かった」と勝利を喜び、PKの場面については「自分の実力以外の何かが働いた」と振り返った。
 
 この柏の守護神は、ワールドカップアジア予選に挑む日本代表に明日から合流する。最後にA代表への意気込みを聞かれ、「日本を背負う覚悟と責任を持ってやっていきたい」と力強く語った。

最終更新:6/4(日) 22:13
SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ