ここから本文です

長友、若手躍動で競争激化。代表招集されるも危機感「1試合でもダメなら外される」

6/4(日) 7:20配信

フットボールチャンネル

 日本代表は3日、シリアとの親善試合およびロシアW杯アジア最終予選・イラク代表戦に向けて練習を行った。日本代表に招集された長友佑都は取材に答えている。

上位3位が勝ち点差3の混戦に… W杯アジア最終予選【グループステージ順位表】

 今季、所属先のインテルではベンチスタートが多く公式戦20試合の出場にとどまった。シーズン終盤に向けて出場機会を確保したが、それでもインテルでの現状は厳しい状況だ。

 一方で日本代表では若手の招集が目立つ。海外で活躍する23歳の久保裕也や22歳の浅野拓磨、Jリーグでプレーする24歳の遠藤航や20歳の井手口陽介、22歳の三浦弦太、24歳の昌子源などが招集された。西川周作や森重真人は落選し、徐々に世代交代が進んでいる。

 その中で日本代表に招集されたが、長友本人は危機感を感じているようだ。「もうこれだけ競争も激しくなってますし、1試合でもダメなら外される。代表からも外されると思うし、その危機感はもうつねに3人(本田・香川・長友)とも持ってる。僕自身は強く持ってるんで。何年もこうやって日本代表でプレーさせてもらってますけど、それは当たり前のことではないし、その重みは年を取るごとに。日本代表にいることの重みはすごい感じてますね」とコメントし、危機感を募らせた。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)