ここから本文です

ブッフォン、またもCL初タイトル届かず…3度目の決勝もレアルに大敗

6/4(日) 6:04配信

フットボールチャンネル

 ユベントスは現地時間3日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝でレアル・マドリーと対戦。1-4で敗れ、21年ぶりの優勝を逃した。

3位C.ロナ、2位ベイル、1位は…移籍金歴代トップ10

 この試合でユベントスの主将を務めたイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンにとって3度目の決勝となったが、自身にとって初めてのCLのタイトルには届かなかった。

 今季のユベントスは準決勝終了時点で3失点と鉄壁の守備を築いたユベントス。ブッフォンは最後尾で堅守を支え続けた。

 しかし通算5度目の対戦となったクリスティアーノ・ロナウドに2得点、通算6得点目を奪われてしまうなど、優勝に導くことはできなかった。

 ブッフォンは1995年のパルマ時代に17歳でCLデビューを果たす。その後、2001年にユベントスに移籍し、今季決勝も含めて116試合のCLに出場している。

 一昨季の決勝ではベルリンでバルセロナと対戦し1-3で敗戦。今季決勝前には、「2年前の決勝が最後だと思った」と話したブッフォンだが、またしても悲願を叶えることはできなかった。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)