ここから本文です

日本株に異次元バブルの予兆、年内日経平均2万5000円へ

6/5(月) 7:00配信

NEWS ポストセブン

 アメリカではナスダック総合指数が史上最高値を更新するなど、世界の株式市場は絶好調。そうした中で、これまで出遅れていた日本株も日経平均株価2万円に到達、いよいよ本格上昇の機運が高まってきた。海外投資のカリスマとして知られるグローバルリンクアドバイザーズ代表・戸松信博氏が語る。

「日本株がなかなか上値を追えなかった理由は、ひとえに為替相場にあります。とはいえ米国経済は絶好調で、米長期金利が上昇するのは必至の情勢。日米金利差の拡大に伴い、『円安→日本株高』に向かうのは時間の問題と見ています」

 日銀の異次元金融緩和によってかつてないほどの過剰流動性がもたらされている今、ようやく日本の株式市場にマネーが流れ込む素地が整いつつある。世界的な株高基調にあって出遅れていた日本株は、先進国でもっとも投資妙味が高いといえる。

「いざ、『異次元バブル』が本格化すれば、日経平均株価が年内に2万5000円になっても不思議ではないし、さらに上値を追う展開も予想されます」(同前)

 それでは、「異次元バブル」の恩恵を最大限に受ける銘柄は何か。戸松氏は爆騰が期待できる成長小型株の条件として、業績成長率やROE(株主資本利益率)の高さに注目。さらに、市場の注目度が高く、株価が上がっている株がさらに上がるのがバブルの特徴。そこで、過去数か月のチャート形状から株価が好調に推移しているかどうかを分析するのが重要だという。

 6月1日に発売された『マネーポスト』(2017年夏号)では、戸松氏をはじめ、並み居る投資のプロフェッショナルたちが大化け期待の個別銘柄をピックアップしているので、ぜひ参考にしてほしい。

※週刊ポスト2017年6月16日号