ここから本文です

「他人の不幸は蜜の味」は脳メカニズム的に証明される

6/5(月) 16:00配信

NEWS ポストセブン

「悪口」は英語でいうと、「verbal abuse」。直訳すると「言葉の虐待」となり、非常に怖い言葉ともいえる。

 東京大学薬学部教授で、近著に『できない脳ほど自信過剰 パテカトルの万脳薬』(朝日新聞出版)がある、池谷裕二さんは、「人間は悪口に慣れることはありません。むしろ心の痛みに敏感になっていく」と言う。

「韓国の論文に、悪口を言われ続けると、脳の前帯状皮質と扁桃体の結束が強くなったとの報告があります。前帯状皮質と扁桃体は、恐怖や不安、好き嫌いなどの原始的な感情を司る領域です。例えば針で体を刺したとき、『痛い』と感じるのは、この部分が反応しているからで、悪口を言われたときも同じような反応が見られます。つまり針の痛みと、心の痛みは同じといえます。

 普通だったら、人間は不快なことに慣れていく。『この部屋暑いね』って思っていてもしばらくすると慣れるでしょ? でも痛みは慣れるどころかもっともっと痛みを感じていく。腰が痛い、肩が痛いと言って病院へ行っても、患部はどこも悪いところがない、ということがありますよね。それは脳が勝手に痛がっているということ」(池谷さん、以下「」内同)

 悪口も同じで、会社の同僚やママ友に、自分がターゲットにされた場合、転職や引っ越しなど環境を変えても心に痛みが残ってしまうという。

◆悪い噂は良い噂の2倍広まる

 そうした心の痛みを誰しもがわかっていながら、ついつい悪口や噂話をしてしまう。それは、2014年に『ケルン大学』(ドイツ)のホフマン博士らが、18~68才の男女1252人を対象に実施した調査で明らかになった。

「朝9時~夜9時の間に、ランダムに5回、対象者のスマホに合図を送り、過去1時間にモラル行動(善行)や、反モラル行動(悪行)を行ったり、巻き込まれたり、あるいは見聞きしたりしたかを報告してもらったんですが、その結果、何らかの形でモラルに関係した行動に接したという報告が全体の29%に上りました。

1/2ページ