ここから本文です

ユーミンの衣装を手掛けるデザイナーがブランド始動

6/5(月) 21:00配信

WWD JAPAN.com

 デザイナーの古田由佳利が2017-18年秋冬から「フルタ(FURUTA)」を始動する。ブランドコンセプトは“ドレスを日常に”。フリルやレースを取り入れつつ、素材使いやスタイリングでカジュアルに着こなせるアイテムを提案する。

 古田デザイナーは「ケイタ マルヤマ(KEITA MARUYAMA)」で丸山敬太デザイナーの直属アシスタントとして勤務。独立後はウエディングドレスのオーダーメードや、松任谷由実などアーティストの衣装製作を手掛けてきた。

 ファーストシーズンは生地をたっぷり使った綿素材のボリュームワンピ―スやハウンドトゥースとグレンチェックを組み合わせたシフォンワンピース、チュールのベストやスカート、モッズコートなどをそろえる。価格帯はブラウス3万6000~4万3000円、ワンピース4万5000~6万4000円、スカート2万8000~4万7000円、ウールコート10万8000円、モッズコート12万円など。古田デザイナーは「仕様はカジュアルだが所作は美しく見える、を意識した。働くのが当たり前の現代女性は、生活しやすくて美しく見える服を求めている。そういうわがままを叶える服を作りたい」と話す。「キレイな服にスマホは不釣り合い、自転車にも乗れるタイトスカート」など現代女性のシチュエーションを想像しながら、ポケットやスリットといったディテールにこだわり製作した。

 もともとレースや刺しゅうなどが得意ということもあり、「今後はより装飾性の高い商品を提案していきたい」と古田デザイナー。ウエディングドレスや衣装製作は今後も継続する。

最終更新:6/8(木) 10:12
WWD JAPAN.com