ここから本文です

大正レトロなパッケージ!シーキューブ「森永ミルクキャラメル」コラボスイーツ

6/5(月) 18:00配信

東京ウォーカー

洋菓子ブランド「シーキューブ」は、東京で100年以上愛されている味わいを使った東京土産「東京百年物語」シリーズの発売を開始する。第1弾として「森永ミルクキャラメル」とコラボレーションした「東京百年物語-焼きキャラメル-」(4個入 680円、6個 977円、10個入 1625円)を、6月7日(水)より大丸東京店にて先行発売する。

【写真を見る】大正レトロなパッケージ

「東京百年物語-焼きキャラメル-」は、しっとりふんわりと焼き上げた生地に「森永ミルクキャラメル」の味わいをイメージしたソースを染み込ませて作ったスイーツ。北海道産の上質な生乳から作られた、なめらかでコクのあるマスカルポーネチーズを使用し、小麦も北海道産のものを使うことで、適度な弾力としっとり滑らかな口当たりに仕上げている。ほろ苦さと甘さの絶妙なバランスがたまらない一品だ。パッケージは“長年愛されてきた味わいを土産菓子に”というコンセプトで、歴史漂うイメージ。100年前の西洋文化の影響を受けたレトロ・モダンな装飾で、大正ロマンと懐かしさを印象付けるデザインだ。

今後は、JR東京駅や成田空港・羽田空港などで展開予定。先行販売する大丸東京店では6月13日(火)まで専用ブースが設置される。地元の素材を使ったそこでしか味わえないおいしさを、ぜひ味わってみて。【ウォーカープラス編集部/国分洋平】

最終更新:6/5(月) 18:00
東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

毎日食べたいパンを見つけよう
“したくなる”読書のススメ
美術館で「君の名は。」に再会
WEEKEND TRIP金沢