ここから本文です

前川前次官もびっくり!? 官僚マニア垂涎の『月刊官界』を知っていますか?

6/5(月) 11:00配信

文春オンライン

 学生時代は東大の寮でカビを食い、就職後も身のまわりに無頓着で同じ靴下を一ヶ月履きつづけた――。

 かつて、このような官僚たちのどうでもいいエピソードを満載した雑誌があった。1975年11月から2005年2月にかけて刊行された『月刊官界』がそれである。

めくっても、めくっても、ひたすらスーツ姿の中高年男性ばかり

 名物コーナーの「官界人脈地理」では、中央省庁の幹部が、顔写真、学歴、採用年次、性格、素行、趣味などとともに詳しく紹介された。そこに花(?)を添えたのが上掲のごときエピソードだった。

 いわく、キャバレー通いで課内の研究会予算を赤字にした。いわく、皇居一周を27分で走破した。いわく、ゴルフでホールインワンを2回達成した。いわく、演歌を700曲、軍歌を150曲憶えていた――。

 どうでもいい話ではあるものの、それぞれの人柄がよく伝わってくる。

 同誌には、ほかにも、部局、審議会、労組、サークル、記者クラブ、はては天下り先の紹介コーナーまであったが、きわめつきはやはりグラビアのコーナーだろう。

「霞が関のスーパーエリートたち」などと銘打って、各省庁の事務次官、官房長、審議官、官房三課長などの全身写真が延々と巻頭を飾ったのである。めくっても、めくっても、ひたすらスーツ姿の中高年男性ばかり。

 事務室での写真だけではなく、なかには、通勤途中の写真や朝の体操中の写真まである。さすがにカラーではないが、こんなに脂っこいグラビアもそうそうない。

『月刊官界』には「官界人脈地理」の地方版というべき「地方自治体人脈図」というコーナーもあって、県庁や政令市の幹部の動静まで取り上げられた。

 官僚の動静は今日でも雑誌などで記事になるとはいえ、ここまでの頻度と精度で追求したものはほかに見当たらない。まさに官僚マニア垂涎の雑誌である。

前川喜平だけじゃない。『月刊官界』で見る異色の文部官僚たち

 こうした特殊な雑誌なので、『月刊官界』には今日ではお目にかかれないエピソードも多い。

 試みに、前川喜平前事務次官の告発などでなにかと話題の文部省(2001年以降は文部科学省)の記事を中心にその内容を紹介してみよう。

 本稿の冒頭で引いた不潔なエピソードの持ち主も、じつはとある文部官僚。その言動から、「省内随一のサムライ」とも「ヨゴレ」とも呼ばれた。

 課長時代には、酔っ払って局長の背広を着込み、その財布から麻雀の負けを支出。それを指摘されるや、「局長にしては中身が少ない」と言い放ったという。

 お金のやり取りが発生する麻雀とは……と疑問も浮かばないではないが、当時はとくに問題にもならなかったようだ。おおらかな時代である。なお、あまり名誉な話ではないので名前は伏せるが、この人物はのちに社会教育局長に就任した。

1/3ページ

最終更新:6/5(月) 12:12
文春オンライン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

世の中を驚かせるスクープから、
毎日の仕事や生活に役立つ話題まで、
"文春"発のニュースサイトです。