ここから本文です

間食を食べてスリムに? ミランダ・カーもハマる「ヘルシースナッキング」

6/5(月) 11:00配信

週刊女性PRIME

 ミランダ・カーなど海外セレブの間で大流行中の“ヘルシースナッキング”。なんでも、「小腹がすいた~」をガマンしなくていいダイエット法なんですって! 太らない間食の仕方とは!? 

「ミランダ・カーをはじめ、ジジ・ハディッドやマーサ・ハントなどヴィクシーモデルたちがこぞってヘルシースナッキングを実践しています」

 と話すのは、最先端の美活に詳しい和田清香さん。ヴィクシーモデルとは、ヴィクトリア・シークレットのショーに登場するモデルのことで、モデルが憧れるモデル! あのスーパーボディは、ヘルシースナッキングでつくられたってこと!?  そもそも、ヘルシースナッキングって何? 

おやつのおかげで夕食を無理なくヘルシーに

「簡単に言うと、3食+おやつの食生活がダイエットの大きなサポートになるというメソッドです。私も実践しましたが、おやつを食べることで急激な空腹感がなくなり、夕食のメニューや量をヘルシーに食べられるようになりました」

 “おやつを食べてやせる”なんて夢のような話だが、

「“おやつ=太る”と思いがちですが、このメソッドの考え方は違います。ただし、何でも食べていいというわけではありません。正しく選んで食べることが大切です」

 食生活のプロ、管理栄養士の岡田明子さんにも聞いてみた。

「間食を上手にとることで、太りにくい身体を手に入れることはできます。間食=おやつはデザートというイメージが強いですが、それは違います。“間食は補食”なんです。3食でとり切れなかった栄養素を補うために間食が必要となるのです」

 つまり、“スナック菓子をバクバク食べていい”わけではないってこと? 

「間食をとることで、1日に摂取する総カロリー数が増えてしまってはダメ。間食で栄養のバランスをとると考えてください。賢い間食が美ボディをつくりますから。アラフォー以上の女性であれば、3食+おやつで、2000キロカロリーにおさまるくらいがベストですね」

 でも、いちいち口に入れるもののカロリー数を調べてから食べるなんて無理……。

「そこまで細かくしなくてもいいんです。“夕食はいつもよりちょっと軽めにする”程度でOK。腹8分目でおさめるイメージです。間食をとることによって、急激な空腹感が抑えられています。なので、夕食を軽めにしても十分な満足感を得られるのでご心配なく」

1/3ページ

最終更新:6/5(月) 11:00
週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」8月15日号
/ 毎週火曜日発売

定価390円(税込)