ここから本文です

シリコンヴァレーに蔓延するセクハラと差別という“病”

6/5(月) 8:20配信

WIRED.jp

シリコンヴァレーでは、スタートアップから老舗企業までセクハラと差別がはびこっている。被害者がSNSで告発し、メディアが騒ぎ、人事部が形だけの“調査”を行い、業界の体質は変わらないというお決まりのストーリー。テック企業が「優しい会社」になれる日は来るのか。

TEDがシリコンヴァレーに教える「多様性のレッスン」

テック業界は服装規定や従業員ハンドブック、社則といったものにうるさくない。シリコンヴァレーの経営哲学はシンプルだ。才能あるプログラマーを雇い、必要なツールを与え、好きなようにやらせる。最高のプログラマーには能力に見合った報酬が与えられ、仕事ができなければ解雇される。問題は“仕事”がプログラミングだけではないことだ。

配車サーヴィス大手のUberのプログラマーだったスーザン・ファウラーは昨年、セクハラと性差別にあい、退職に追い込まれた。最もやっかいだったのは、それらを黙認する企業文化だったかもしれない。

Uberは規則や規制の抜け穴をくぐり、時には無視して成長してきた。こうしたルールに無頓着な姿勢がセクハラのまん延や雇用規則の反故につながったことは容易に想像できる。また、Uberに限らずテック業界では、仕事のパフォーマンス以外で生じた責任を、どのように従業員に負わせるかという点があいまいなのだ。

Uberが築いたセクハラと差別の歴史

ファウラーは2017年2月19日、自身のブログで退職までの顛末を明らかにした。Uberに入社した直後に上司から性的な誘いを受け、人事部に報告したところ、特に対応はしないと告げられた。その上司がセクハラ行為をしたのは初めてだからという理由だった。さらに別のチームに移らなければ、誘いを断った仕返しに業績評価を下げられる可能性があるとも言われた。ファウラーは異動した。

後日、その上司からセクハラを受けたのは、自分だけではなかったことを知った。たくさんの女性が人事部に通報していたにもかかわらず、罰則が適用されなかったのだ。上司は人事部に報告し続ければ解雇するとファウラーを脅した。人事部は報告を受けるたび、「彼は優秀な社員だから」と答えた。最終的に、その上司は退職した。

この告発を受けて2017年2月、UberのCEOトラヴィス・カラニックは従業員に連絡メモを送った。前司法長官でコヴィントン&バーリング法律事務所のエリック・ホルダーと、その同僚であるタミー・アルバランを起用し、ファウラーの件や社内のダイヴァーシティ問題全般について調査するというものだ。Uberの取締役で『ハフィントン・ポスト』を立ち上げたアリアナ・ハフィントン、新しい最高人事責任者リアンヌ・ホージー、法務責任者アンジェラ・パディリャも参加するという。カラニックはメモのなかで「私たちのすべての行動が、真の公正さに裏打ちされた職場をつくり出すと確信しています」と述べている。

ジェンダーにまつわるトラブルに関して、Uberには“歴史”がある。2014年にはカラニックが雑誌の記事で、自分の会社を“Boob-er(Boobは「おっぱい」の意味)”と呼んでいると述べた。女性にもっとモテたいからだという。同じ年にはフランスで、運転手として「とてもセクシーな女性」を手配することを約束する広告を出した。

ジャーナリストのサラ・レーシーが、これらを性差別に当たると指摘したところ、Uberの上席副社長エミル・マイケルはレーシーのスキャンダルを集めて彼女を陥れようとしたと、BuzzFeedが報じている。カラニックは当時、マイケルのコメントは社を代表するものではないとツイートしたが、マイケルは今も同じ職に就いたままだ。

1/2ページ

最終更新:6/5(月) 8:20
WIRED.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

『WIRED Vol.29』

コンデナスト・ジャパン

2017年9月11日発売

630円(税込み)

『WIRED』VOL.29は1冊まるごとアフリカ大特集!「African freestyle ワイアード、アフリカにいく」南アフリカ、ルワンダ、ケニア etc