ここから本文です

6月はゲイプライド月間!セレブが続々とメッセージを発信

6/5(月) 11:51配信

コスモポリタン

毎年6月はゲイプライド月間。今年もセレブたちがLGBTQコミュニティに宛てたメッセージを<billboard>を通して発信している。それぞれの想いをご紹介します。

人気脚本家、執筆を通じて「同性愛者」に!

アダム・ランバート

『アメリカン・アイドル』出身のアーティスト。ゲイであることを公言している。

「僕はハリウッドのクラブでやっと気の合う人たちに出会えたんだ。彼らは枠にこだわらず生き、互いに支え合っていた。その後、僕は27歳でオーディションを受け、人生が激変した。ゲイのセレブという、人生の重圧に圧倒されることになった。LGBTQコミュニティのために正しいことをしなきゃっていう責任を感じたんだ。僕はできる限りオープンになろうと決めたけど、2009年当時は今の時代とは大違い。(中略)それでもなぜ活動を続けられたか、それは自分自身の頑固な性格と、これまでに出会った夢見る人たちのおかげ。みんなは僕のインスピレーション源だよ。みんなのおかげでしっかりと地に足をつけていられるし、感謝の気持ちも忘れない。あなたたちこそが僕の家族だよ」

クリスティン・デイヴィス

ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』でシャーロットを演じたクリスティン。

「10歳で女優を始めてからゲイコミュニティには深く感銘を受けてきました。LGBTQの人々のおかげで、自分自身を表現する価値や、自由であることのパワーに気付かされました。厳しい時であっても、強さを見せ続け、私たちを導いてくれてありがとう。これまでずっとあなたたちの存在にインスパイアされてきたし、これからも私の強さと愛の源よ」

エルトン・ジョン

長年交際を続けゴールインした夫のデヴィッド・ファーニッシュと、2児の養子を迎えているエルトン・ジョン。

「ファンへ。私を受け入れられない人が多かった時代にも受け入れてくれ、批判せず応援してくれたことに感謝します。長年にわたって私の音楽を愛してくれてありがとう。今年のプライド月間はあなた方を祝福します。皆さんが、肌の色や文化、信念さえもが違っていてもひとつになり、私のようなオープンにゲイである人間の音楽を楽しむことができることを世界に示しました。皆さんのおかげで社会は以前にも増して愛し合い、思いやりを持つ人で溢れているのです」

1/2ページ

最終更新:6/5(月) 11:51
コスモポリタン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コスモポリタン

ハースト婦人画報社

1886年にアメリカで創刊され、
世界中の女性に愛されるコスモポリタン。
日本ではオンラインに特化し、
恋愛、ビューティ、セレブ情報など発信中。