ここから本文です

初開催のハンマー・シリーズでチームスカイが総合優勝

6/5(月) 9:10配信

CYCLE SPORTS.jp

前日の総合成績が修正されチームサンウェブは2位に

ヴェロンが主催する新スタイルのシリーズ戦『ハンマー・シリーズ』の最終戦、『ハンマー・チェイス』が6月4日にオランダ南部リンブルフ州のシッタールト・ヘレーンで開催され、総合首位で第1走者としてスタートした英国のチームスカイが総合優勝した。

前日に行われた第2戦の『ハンマー・スプリント』終了後に、総合首位はドイツのチームサンウェブと発表されていたが、落車で完走できなかったラモン・シンケルダムに与えられていたポイントが加算されていたため、レースルールに則ってそれが差し引かれ、総合成績が修正された。

これにより、第2戦の『ハンマー・スプリント』終了時点の総合1位はチームスカイになり、 最終日の『ハンマー・チェイス』はチームサンウェブが32秒後、NIPPO・ヴィーニファンティーニが1分後、ロット・スーダルが1分12秒後、モビスターチームが1分29秒後、キャノンデール・ドラパックが1分49秒後、オリカ・スコットが2分2秒後、チームロットNL・ユンボが2分16秒後にスタートすることになった。

チームスカイは終盤まで順調に先頭を走り続けていたが、ジョナサン・ディベンが遅れて4人になり、ゴールまで残り3.5kmで追走のチームサンウェブに追い抜かれてしまった。

しかしチームスカイはゴール手前1kmを切ってからチームサンウェブを追い抜き、最後は2チーム混戦のゴールスプリント勝負となったが、チームスカイの4番目の選手がチームサンウェブの4番目の選手よりも先にフィニッシュラインを通過し、英国チームが初代王者に輝いた。

[ハンマー・シリーズ(ハンマー・スポルトゾーン・リンブルフ2017)最終結果]
1 チームスカイ(英国)51分59秒
2 チームサンウェブ(ドイツ)+1秒
3 オリカ・スコット(オーストラリア)+36秒
4 ロット・スーダル(ベルギー)+36秒
5 モビスターチーム(スペイン)+37秒
6 チームロットNL・ユンボ(オランダ)+39秒
7 キャノンデール・ドラパック(米国)+41秒
8 NIPPO・ヴィーニファンティーニ(イタリア)+45秒

最終更新:6/5(月) 9:10
CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)