ここから本文です

トランプ大統領、痛恨のミスタイプでネットがお祭り騒ぎ

6/5(月) 20:00配信

コスモポリタン

話題の尽きないトランプ大統領が、またSNSやネット界隈で人気(?)沸騰中。最近は初外遊での握手や他国の首相を押しのけて目立とうとする仕草がネットでシェアされたけれど、今度は彼の意味不明なツイートが大流行し、とうとうトレンド入りを果たすまでに!

トランプ大統領の娘婿、ジャレッド・クシュナーって?

事の発端は31日の深夜(現地時間)に投稿されたトランプ大統領のツイート。

「Despite the constant negative press covfefe=常に批判的なメディアcovfefeにもかかわらず」。

文章になっていないし、そもそも“covfefe“という単語は、英語にはない模様。すぐさまこの意味不明なツイートは話題になり、翌朝に削除されるまでの6時間の間に127,000以上の「いいね」と162,000以上のリツイートを獲得。多くの人が一晩中、 “covfefe“の使い道や意味を考え、からかった。

真剣にその意味を考えた人たち

「やっと意味が分かった」と書き、2匹のポケモンのキャラクターをくっつけた。

<Urban Dictionary>というふざけたネット辞書のサイトには250個以上の意味が書き込まれているけれど、人気はこれ。

「本当はcoverage(報道)とタイプしたいけど、手が小さすぎてキーボードが使えない時に使う言葉」

グーグル翻訳で調べた人

「グーグル翻訳によるとアラビア語で『私は立ち上がる』という意味らしいわ」

セレブまでイジる始末…

ヒラリー・クリントンは「私はロシアへ向けた暗号だと思ったわ」と発言。

俳優のアシュトン・カッチャーは「covfefeという効果抜群な新種の医療用マリファナができたけど、エリートしか手に入れられない」とツイート。

コメディアンで司会者のジミー・キンメルも「僕は一生covfefeよりも面白いことを書けないことに気づいてとても悲しい」とツイート。

一方で、報道のために発音について真面目に議論したメディアやニュースキャスターも

米メディア<Fusion>がtwitterで「どれが正しい発音ですか?」と聞いたアンケートの人気投票は「コブフィーフィー」となった。

アナウンサーたちは発音の難解さに頭を抱えていたよう。「コブフェフ」「コブフェーフ」「コブフィーフェ」「コブフェフェ」。さて、どの発音が正しいのだろうか…。

1/2ページ

最終更新:6/5(月) 20:00
コスモポリタン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

コスモポリタン

ハースト婦人画報社

1886年にアメリカで創刊され、
世界中の女性に愛されるコスモポリタン。
日本ではオンラインに特化し、
恋愛、ビューティ、セレブ情報など発信中。