ここから本文です

元イングランド代表主将、レアル主将の“演技”糾弾 相手を退場に追い込む行為に「恥ずかしい」

6/5(月) 9:13配信

Football ZONE web

CL決勝後半38分、クアドラードがDFラモスの足を踏んで退場も、演技が物議を醸す

 レアル・マドリードの主将DFセルヒオ・ラモスは現地時間3日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝ユベントス戦(4-1)の終盤に、競り合いの際にオーバーリアクションで相手MFフアン・クアドラードを退場に追い込んだ。このプレーにはイタリアメディアなどから批判の声が上がっているが、元イングランド代表主将も「恥ずかしい」と糾弾している。

【一覧】海外日本人プレーヤー43人「最新推定市場価格ランキング」

 問題のシーンは後半38分に起きた。後半21分からDFアンドレア・バルザーリとの交代でピッチに登場したクアドラードは右サイドでスローインとなり、ボールを取りに行こうとしたところでレアルDFセルヒオ・ラモスと交錯して足を踏みつけてしまった。これにより、フェリックス・ブライヒ主審はイエローカードを提示。2枚目となり退場処分となった。

 数的不利となったユベントスに反撃の力は残っておらず、逆に追加点を奪われて1-4で敗れた。クアドラードは戦犯の一人となってしまった。

 たしかにクアドラードの足はラモスの後ろ足に引っかかっていた。それでも大げさにピッチに倒れ込んだラモスの反応は過剰だったと擁護する声もある。伊メディアはラモスの“演技”が「オスカー賞もの」だと批判するなど物議を醸している。

元選手も断罪「恥ずかしいと思うだろう」

 そして、ラモスはメディアだけでなく、元選手の解説者からも非難されている。マンチェスター・ユナイテッドなどで活躍した元イングランド代表DFリオ・ファーディナンドは、英衛星放送「BTスポーツ」の解説者としてラモスのプレーに言及。純粋な子どもには見せたくないようなプレーだったと断罪している。

「ラモスは恥ずかしいだろうね。明日(4日)、自分のプレーを見て、恥ずかしいと思うだろう。もし私が同じことをして息子がそれを見たとしたら、恥ずかしくて息子の顔をまともに見ることができないだろうね」

 レアルは見事にデュオ・デシマ(12回目のCL優勝)を達成したが、キャプテンが披露したプレーが後味の悪さを残す結果となった。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:6/5(月) 9:13
Football ZONE web

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Football ZONE web

fangate株式会社

日本代表や欧州各国リーグなど、国内外のサッカー情報を毎日更新

Yahoo!ニュースからのお知らせ