ここから本文です

あの『あずきバー』がふわふわのかき氷に変身!タカラトミーアーツの『おかしなかき氷 井村屋あずきバー』

6/5(月) 11:30配信

@DIME

タカラトミーグループのタカラトミーアーツは、井村屋より発売されているアイスキャンディー『あずきバー』を削ってかき氷にすることができる新商品『おかしなかき氷 井村屋あずきバー』を6月29日より発売する。希望小売価格は2800円(税別)。

タカラトミーアーツは、「誰もが知っている身近な食べものを、“簡単アクション”でより楽しく美味しくアレンジしよう」というコンセプトのもと「おかしなシリーズ」を展開してきた。今回、その新商品として挑んだのが、井村屋より発売されている年間販売本数2億5000万本以上の国民的人気アイスキャンディー『あずきバー』だ。無香料・無着色の昔ながらの製法で作られる『あずきバー』は、その美味しさもさることながら、“固さ”でも話題を集めており、一部では“世界一固いアイス”とも言われている。

同社はこの『あずきバー』をあえて削ることでふわふわのかき氷にしてみたい、という想いで、2016年9月から商品開発をスタート。安全面やコストなどの点を考慮し、数か月の構想ののち試作1号機を完成させたものの、社内の検証でうまく削ることができず、再度構造から検討し直すことに。改善点を洗い出し、何度目かの試作機を作り、いざ井村屋へ。

ところがプレゼンテーションの場で『あずきバー』の固さに途中で試作機が壊れるというアクシデントが発生。その後何度か試作機を持って井村屋の担当者を訪れ、目の前で『あずきバー』を削ろうとしては失敗する、を繰り返し、第6号機にしてやっときれいなかき氷を作ることに成功したという。

『おかしなかき氷 井村屋あずきバー』で作ったかき氷はふわふわの食感で、口いっぱいに広がるあずきの風味を楽しむことができる。また、フルーツと一緒に盛りつけたり、牛乳を注いでシェイクにしたり、様々なアレンジをすることも可能だ。

ところで、なぜ『あずきバー』は固いのか。『あずきバー』の原材料は「ぜんざい」と同じあずき・砂糖・コーンスターチ・塩・水あめのみ。アイスが柔らかくなる添加物が入っていないのだ。また、食物繊維たっぷりのあずきをぎっしり詰め込んでいるので、空気の泡が少なくなり現在の固さになったという。わざと固くしたのではなく、おいしさを追求した結果、固くなったわけだ。

本体サイズは幅120×高さ190×奥行き75mm、195g。対象年齢は15歳以上。本商品は『井村屋BOXあずきバー』あずきバー65ml専用商品です。85mlには対応していない。

文/編集部

@DIME編集部

最終更新:6/5(月) 11:30
@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年10月号
8月16日発売

定価600円

売り切れ御免!調理家電&ヒット食品
ふるさと納税 極ウマ返礼品・ベスト47
ホリエモン流 超仕事術公開
タイプ別 痩せるカラダマネジメント