ここから本文です

Cロナ長男、華麗なドリブルからベルナベウで“初ゴール”。将来はゴール量産?

6/5(月) 18:01配信

フットボールチャンネル

 レアル・マドリーに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの長男が、マドリーの本拠地サンティアゴ・ベルナベウで見事な“初ゴール”を記録したとして話題となっている。

 チャンピオンズリーグ(CL)での優勝を飾ったマドリーは、現地時間4日にマドリード市内での優勝パレードを行った。ベルナベウに満員のファンを集めて行われたセレモニーには、選手たちが家族や子供たちも同伴していた。

 C・ロナウドの長男である6歳のクリスティアーノ・ロナウド・ジュニアくんは、他の子供たちとベルナベウのピッチ上でサッカーをする中で、早くも高い技術を有していることを見せつけた。ボールを持ってドリブルを仕掛けると、華麗なステップで2人の相手を翻弄し、ゴール右隅へとシュートを決めてみせた。

 スペイン複数メディアはこの様子を動画とともに紹介。『マルカ』紙は「クリスティアーノ・ジュニアが素晴らしいドリブルからベルナベウ初ゴール!」、『アス』紙は「この動画はお宝になる!」などと伝えている。

 今年4月には、クリスティアーノ・ジュニアが“父親そっくり”の直接フリーキックを決める動画も公開されて話題となった。マドリーのファンは、父親と同じように将来ベルナベウでゴールを量産してくれることを期待し始めているかもしれない。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)