ここから本文です

Cロナではなく…元レアルのメキシコ代表FW、別の元同僚をバロンドールに推す

6/5(月) 19:02配信

フットボールチャンネル

 ドイツのレバークーゼンに所属するメキシコ代表FWハビエル・エルナンデスは、レアル・マドリーのクロアチア代表FWルカ・モドリッチを2017年のバロンドールに推薦している。

C.ロナは137試合で100得点、メッシは…  チャンピオンズリーグ通算得点ランキング

 年間を通してサッカー界で最も活躍した選手に贈られるバロンドールは、昨年に続いてマドリーのFWクリスティアーノ・ロナウドが受賞することが確実視されている。チャンピオンズリーグ決勝で2ゴールを記録してマドリーを優勝に導いたことで、通算5度目の受賞は完全に揺るぎないものになったというのが大方の様子だ。

 だが、2014/15シーズンにマドリーで1年間を過ごしたチチャリート(J・エルナンデスの愛称)は、古巣の成功に貢献した別の選手をより高く評価しているようだ。「モドリッチ、バロンドールお願い! 彼はとんでもない! 素晴らしい!」と3日にツイートしている。

 続けてチチャリートは、モドリッチについて「マドリーの歴史上最高の補強の一人」とつぶやかれた別のユーザーのコメントもリツイート。マドリー在籍時に非常に仲の良い友人になったというモドリッチへの評価を強調した。

 モドリッチもマドリーのCL優勝やリーガエスパニョーラ優勝に大きく寄与したことは間違いないが、C・ロナウドの壁はあまりにも高そうだ。今後の数ヶ月間でC・ロナウドの受賞を本格的に脅かす存在となれる選手が出てくるだろうか。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)