ここから本文です

サウジ強豪、カタール航空とのスポンサー契約終了。国交断絶の余波がサッカー界にも

6/5(月) 15:46配信

フットボールチャンネル

 サウジアラビアなど中東4ヶ国がカタールとの国交を断絶した余波は、サッカー界にも押し寄せているようだ。

 報道によれば、カタールがテロリズムを支援しているという非難からサウジアラビア、エジプト、バーレーン、UAEの4ヶ国がカタールとの国交を断絶した。

 これにより、サウジアラビア1部リーグの強豪アル・アハリは締結していたカタール航空とのスポンサーシップ契約を終了したことを発表している。

 また中東メディア『elwatannews』によれば、サウジアラビア代表の選手やスタッフは大手放送局『beIN SPORTS』や『Alkass Channel』などカタールを拠点とするメディアへの取材対応を禁じられたという。

 サウジアラビア代表は、ロシアワールドカップアジア最終予選で8日にオーストラリア代表とホームで対戦する。

フットボールチャンネル編集部

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ