ここから本文です

『七つの大罪』バン&エレインの番外編に読者悶絶「めっちゃ微笑ましい…」【マガジン26号】

6/5(月) 17:30配信

ダ・ヴィンチニュース

 2017年5月31日(水)発売の『週刊少年マガジン』26号で『七つの大罪』に登場する<豚の帽子>亭の新デザインが公開され、「新しい豚の帽子亭もすっごくかわいいね!」「ナイスデザイン! 部屋割りも気になる」と大好評だ。

 『七つの大罪』は、人と人ならざる種族が住む世界で、七人の大罪人から組織された伝説の騎士団<七つの大罪>の戦いを描いたファンタジー漫画。<豚の帽子>亭は主人公・メリオダスが営む移動酒場なのだが、魔神王直属の精鋭部隊<十戒>の一人・デリエリに壊され休業中。店をリニューアルするため作者の鈴木央が読者から新しい店のデザインを募集し、今回はその新デザインのお披露目となった。

 新<豚の帽子>亭は、店を支える超巨大豚・ホークママの上に木で出来たジョッキが載っているような形。一番上には巨人族の少女・ディアンヌが乗っても大丈夫な屋上、2階のお皿風テラスにはカラフルな木々が生い茂り、お店の入り口には看板豚の銅像も飾られている。子豚のホークに呼ばれ新しい店をお披露目されたメリオダスと仲間のバンは、早速店の中に入って新しい部屋の奪い合いを始めた。

 本編のあとには、鈴木が読者との打ち合わせ会で出た意見を反映した番外編も掲載。打ち合わせ会は『七つの大罪』が連載200回を迎えたことを記念して開催されたもので、当選した10人のファンが鈴木と番外編のネタを作った。今回はバンとエレインのエピソードが掲載されたのだが、パンツを履く習慣がないエレインがバンと一緒にパンツを買いに行くという話には「バンとエレイン可愛すぎか!」「めっちゃ微笑ましい…」「番外編が萌えという名のダイナマイト。色々と破壊力が凄すぎる…!」と読者が悶絶している。

 本編は団員たちのつかの間の休息が中心だったが、<豚の帽子>亭の復活もあり今後さらなる展開が期待される。番外編も残り6本が掲載される予定なので、どちらも楽しみに待っていよう。